バン

「自分が何にふさわしいかは、人生の経験で決まる」ヨガを教えながらバンで暮らすカップル

投稿日:

キータはバンでの生活を2014年に始めて3年になります。クンダリニーヨガを教えています

ヘイリーは一年前からこの生活に加わりました。コンテンポラリー・ダンスのダンサーとして働いています。彼女はもともとシェアハウスで節約した暮らしをしていました。小さな空間での生活に慣れていたのですぐに順応しました。

車の中にはシンクやプロパンコンロ、冷蔵庫など。冷蔵庫には香辛料がたっぷり入ったお気に入りのレモンジュースがあります。またカーテンを二重にすることで断熱の機能を果たしています。バンで生活するならおすすめの知恵です。

ベッド下は収納になっていて、本や書類、プリンターなどがあります。マットレスはイケアで買いました。よくアロマを焚いて過ごしています。

車のタイヤの圧をまめにチェックしています。車が重くすぐにタイヤが消耗するので注意が必要です。

ヘイリーは以前の都会での生活はまわりの環境に多くの影響を受けていました。それぞれの生活のペースがそこにはありました。現在への生活に移行したことで得たもののひとつは休み方を覚えたことです。私のいちばんのアドバイスは、過程に辛抱強くなることです。

キータは4つのクエスチョンが大事だと言います。自分は何が好きなのか、何が必要なのか、何を望んでいるのか、何がふさわしいのか。自分が何にふさわしいかは、自分の人生で経験したことで決まると考えています。

それは多くの人にとって受け入れがたいことかもしれません。なぜなら多くの人はひどい経験をしているからです。過去の経験の報いが今です。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

ヨガの先生のバンライフ

-バン
-

執筆者:

関連記事

free teaプロジェクト

「人は調和のとれた存在」Free Tea(無料のお茶)プロジェクトをバンで行う男性

ジュゼッペが10年生活しているタイニーハウスはバスを改装したものですが、彼のタイニーハウスは無料のお茶を訪れた人に提供する空間でもあります。 Dylan Magaster ジュゼッペは子どものころ、家 …

軍用トラックで生活する2人

「大切なものを選ぶために何かを捨てる」軍用トラックで生活するふたり

マーティンとベサニー。スタンドアップパドルボートレースを楽しんでかつては愛犬とも暮らしていました。犬が亡くなり新しい生活を進むことに。 ホテル住まいではなく、自分たちで自由に移動できる拠点を探しました …

キャンパーバン

「バンでの旅は自発性を高めてくれる」フルタイムの仕事からバン生活に移ったカップル

ブリタニーとドリューのカップルは、バンで様々なところを旅する生活を送っています。 ブリタニーがこの生活で好きなところは、予約なしてすぐに好きなところに旅立てることです。訪れた先が気に入れば好きなだけ長 …