タイニーハウス

「ストレスを忘れ、童心に返ることができる」高級ツリーハウスを建築する男性

投稿日:

ワシントン州シアトルの「Nelson Treehouse and Supply」を訪れています。案内をしてくれるのはガレット。数々のツリーハウスの建築をしたピート・ネルソンが2010年にNelsonTreehouse and Supplyを設立しました。以来、世界をまたにかけて、生活可能な高級ツリーハウスの建築を行っています。

ツリーハウスの建築でよく質問されるのが木への影響です。建築にあたって木に3インチほどのボルトを通します。幹の内側の層に穴を開けることになるのですが、これは時間の経過とともに馴染むようになります。

また木の成長が家に及ぼす影響もほとんど気にする必要はありません。なぜなら成長するのは主に先端の部分で土台側にはほとんど変化がありません。なので時間の経過とともに土台のバランスが崩れる心配をする必要はないのです。

ツリーハウスの大部分、約80%はスギで出来ています。なぜならスギは雨や風に強いからです。デザインには直線的な構造だけでなく曲線も多く用いています。階段やベランダはカーブを描くようにつくっています。

家の中に入ると、ツリーハウスとは感じさせない非常にしっかりとした造りです。窓から外を眺めることでようやくツリーハウスのなかに立っていることを実感します。

大切にしているのは家としての居心地。プラスチックの箱の中にいるような印象はありません。木の香りにほっとします。小さな家ではありますが、キッチンやリビングには必要な物がそろっています。

アウトドアシャワーもあります。

梯子を上ってロフトにいくとそこは寝室です。天窓があって空を見上げることができます。立ち上がることができるほどの屋根の高さもあります。

このようなツリーハウスの建築には材料と人件費を合わせて15万ドルほどの費用がかかります。

タイニーハウスの盛り上がりもあって、DIYの需要もあります。そのため材料の提供と組み立てのノウハウを教えることもしています。予算の足りない人にはDIYで補うという選択肢もあります。

ツリーハウスの魅力のひとつは子供の頃に立ち返ることができることです。現実のトラブル、ストレスを忘れ童心にかえることができます

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

ツリーハウスに暮らす男性

-タイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

フローティングタイニーハウス

「完全な自給自足のオフグリッド生活を作る」水上のタイニーハウスで暮らす夫婦

クリスとカリーナ夫妻はニュージーランド、オークランドの都会での生活にストレスを感じており、長年もっと静かなところに引っ越すことを夢見てきました。 そしてある時、郊外に土地を買ってそこを自分たちの手で整 …

理想の家

理想のタイニーハウス討論会 vol.1 ( 1LDK+庭 )

こんにちは。TAKUTAKU編集部ふずです。 色んなタイニーハウスを見てきて、現時点での住みたい&住みやすいと思う家をご紹介します。(個人的な主観です。) ポイント まず僕の理想の家のポイントはこの3 …

オフグリッドハウス

「作り上げた家は年金のようなもの」オフグリッドハウスに住む夫婦の話

家の壁はタイヤやボトル。室内栽培。ソーラーパネル発電。水は雨水。モノに頼らない、オフグリッドの自立した生活を送る夫婦の話です。今までに見たことのないような家でとても驚きました。 コニーとクレイグの夫婦 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

スモールビジネス
\フォローいただけると嬉しいです/