ボート・船

「ずいぶん節約できる」セイルボートで暮らすカップル

投稿日:2016年12月17日 更新日:

ヨットで暮らすのがどんなものか分かる動画です。

下記は動画の要約です。

ふたりは、もともとはアパートに住んでいたが、シンプルで自由な生活に憧れ、お金をためて中古のヨットを購入し、ヨットでの生活をはじめました。

セイルボートでの生活

休日やバケーションに航海を楽しみ、平日は仕事で、女性はヨットから歯科衛生士として出勤し、男性はオンラインでできる仕事をしています。ヨットのローンと学生ローンを払い終えたらずっと旅に出ることを考えているそうです。

ヨットの最大の魅力は自由な旅ができることで、普通の旅行では行けないようなところに行き、新しい景色を見て発見をするという冒険は、生活を豊かなものにしました。

ヨットでの生活は、電気はソーラーパネルや発電機を使い、水も買う以外にも雨水を利用しているので、アパートを借りるよりもずいぶん節約できています。

セイルボートでの生活

ヨットは家よりさらに小さいのでスペースをどう使うか工夫する必要があります。収納式のテーブルや、カウンターの下に作られた冷蔵庫など限られた空間を上手く使っています。

ストーブを船内につけてからは、暖をとったり湿気を乾かしたりするのにとても快適になりましたが、アラスカの気候は厳しく特に寒さがつらいところです。

セイルボートでの生活

二人で少しずつヨットの中を改装したりして、だんだんと住み心地のよいタイニーハウスになってきました。これからアラスカだけでなく、世界中の色々なところに旅をして新しい発見をしていきたいと二人は希望しています。


 

ヨットで暮らすカップル

-ボート・船
-

執筆者:

関連記事

ヨットで暮らす老夫婦

「本来なら払う必要のないお金を払っている」仕事をリタイア後、ヨット生活を送る老夫婦

トニーとマーゴは結婚生活50年になります。3人の子どもを育て上げ、仕事をリタイアしてからは旅をする生活を始めました。 Dylan Magaster 二人は2010年にリタイアして年金生活に入りました。 …

フローティングハウス

朝起きて、そのまま川に飛び込むことができる家。

今日ご紹介するのは「フローティングハウス」 フローティングハウスは日本で見ることはめったにないですが、憧れの詰まった暮らしです。 Exploring Alternatives 穏やかな川に停泊したフロ …

ボートでの生活

「毎日同じことの繰り返し」ボートの上で新たな人生を歩む元リポーター

みなさん、「運河でのボート生活」を知っていますか? 私はこのムービーを見てはじめて知りました。ぜひ見てみてください。 デイビッド・ジョーンズは、イギリスのテレビ局でリポーターとして働いていました。仕事 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集
\フォローいただけると嬉しいです/