ボート・船

「本来なら払う必要のないお金を払っている」仕事をリタイア後、ヨット生活を送る老夫婦

投稿日:

トニーとマーゴは結婚生活50年になります。3人の子どもを育て上げ、仕事をリタイアしてからは旅をする生活を始めました。

二人は2010年にリタイアして年金生活に入りました。

それまで働いて、高齢になって病気や体が不自由になった時のために十分な貯金を作っていましたし、また、これからの生活に備えて二人は禁煙し、月に400ドルを浮かすことに成功しました。それまで持っていた家や車を手放して、ヨットに住み始めたのです。

二人のヨットはメキシコのエンセナダを母港として停泊しています。とても素晴らしい場所で気に入っていますが、もし少し退屈に感じて来たら、いつでも出港して好きなところへ出かけることができます。

船ではなく、陸での旅をしたいと思ったときのためにバンも持っています。

最長で6か月間、バンで北米の旅をしたこともあります。

ヨットでの生活が主なので、ヨットにはシャワーやベッドルームなど生活に必要なものは全て揃っています。

ゲストを招いてもてなすことが大好きなマーゴが揃えているきれいな食器などもあります。

二人は現在、年金として月に2,800ドルを受け取り、そのうちヨットをマリーナに停泊させておく為の料金に400ドルがかかっています。その他の生活費には週に500ドルの予算を組み、別途400ドルが船の保険やその時々で必要なものに使われています。かかるお金はこれだけで、残りは自由に使えます。

メキシコで生活しているので、為替の関係で生活費はとても安いのです。

予算内で十分生活でき、特別な日には素敵なレストランに行くこともできます。

以前は多くの人と同じように、ローンがあり、車関係の支払いがあり、高い保険料も払っていました。でもそれらを払い続けて、結局得るものは何もないのです。その事に気が付けば、みんな自分のものではない他人の何かのためにお金を使う必要がないことが分かります。

自分がどれだけ本来なら払う必要のないお金を払っているか気が付くべきです。

そうすれば、もっと静かで穏やかな生活を送ることが出来るでしょう。

今は、毎月二人の手元に残る現金は働いていた時よりも多くなっているのです。誰でも、このような気づきさえあれば、二人のような生活をすることができます。

それは必ずしも二人のようにヨットを買う事をすすめているわけではなく、例えば今大きな家に住んでいるのならそれを売って、もっと小さな家にライフスタイルを変えたり、それぞれ自分たちの好む生活に合わせて色々なことが出来たりするでしょう。

二人が現在の形の生活に落ち着くまでおよそ3年かかりました。残っているローンを完済し、車を売るなどして準備をしてヨットでの生活を始めたのです。車を売った後6か月間は、二人は初めて車無しの生活をしましたが、公共の交通機関を使ったりしてみて、それも新しいことに気づけた素晴らしい時間でした。

誰もが自分の夢を形にすることが出来るのだと、多くの人々に切実に伝えたいと思っています。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

ヨットで暮らす老夫婦

-ボート・船
-,

執筆者:

関連記事

ボートで生活する女性

「モノを持たない、無駄のない生活を心掛ける」ボートで暮らす女性

アナとキャス。自由と、より自然に近い環境を求めて二人は小さな船での生活を始めました。週末などの休みになればイングランドの運河をつたって好きなところへ出かけられます。クルーズのペースはゆっくり。歩くよう …

ヨットで暮らすカップル

セイルボートで暮らすカップルのストーリー|より楽しく生きる

「ヨットで暮らすってどういうことだろう?」と、この動画を見るまでは思っていました。 そもそもヨットがどういうものかよく知らないし、どちらかというとむしろヨットはお金のある人の持ち物なのでは?と思ってい …

船を作り続ける船長

「まず始めること」小さい頃から船を作り続ける芸術家の船長

エディー・アンディスは芸術家。42フィートの帆船「プテロダクティルス」の船長です。 Dylan Magaster 昔からボートが好きでした。初めて船を作ったのは8歳の時。といってもそれはただ四角い形の …

セイルボート-シンプルライフ

小さな生活をするのは自分の考えを持っている人。船の上で暮らす夫婦のストーリー。

職を失ってから、船での暮らしを始めたという夫婦のストーリーです。夢にあふれる人生計画がとても素敵です。 ロビンとジェイはカナダで43フィートの船の上で暮らす生活を三年続けています。この船で暮らす前は北 …

運河でのボート生活

運河でのスローライフ|ボート上で新たな人生を歩む

みなさん、「運河でのボート生活」を知っていましたか? 私はこのムービーを見てはじめて知りました。ゆっくり移動したり、おしゃべりを楽しんだり。スローライフという言葉がピッタリの生活です。 デイビッド・ジ …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集