ボート・船

「家族の時間を大切にできる」水上のタイニーハウスボート

投稿日:2018年7月13日 更新日:

水上での生活の憧れているけれど、船の中に住むのは少し違うと思っている人は、このタイニーハウスのコンセプトが気に入るかもしれません。

イアンのタイニーハウスは、一見してボートには見えません。

彼は以前オーストラリア、ハークスベリーで水辺の近くに住んでいました。そこである日藁ぶきの屋根をのせたボートハウスを見て、自分もあのように水に浮かぶ家で暮らしたいと思いました。

イアンは配管や大工作業などをすることができたので、デザインを建築家に頼みました。デザインを依頼するにあたってイアンが重要だと考えたのは、軽量の家であること、外見の美しさも大事であるということ、そして周りの景色を楽しめるように開放的なつくりであることでした。

イアンの希望を聞いて、建築家がこの家のデザインの元にしたのは、なんと昔の売春宿でした。水上生活についてリサーチを重ねていく中で、18世紀の日本で屋形船の中に仕切りを作っていた売春宿の構造からヒントを得て、この水上のタイニーハウスのデザインを考えたのです。

更に、日本の提灯にもデザインのヒントがありました。夜、半透明の素材から光が見える提灯のように、ゆらゆらと光るデザインにしようと計画しました。

普通の、ちょっと小さめの家が水に浮いているように見えるタイニーハウスですが、エンジンもちゃんとついており、船として動かすこともできます。

マリーナに停泊させるために払うお金や船の保険などがこのタイニーハウスに必要な経費ですが、同じサイズの家を陸上の土地に建てようとする時にかかるお金よりもずっと安くなっています。

イアンと彼の家族はこのタイニーハウスにフルタイムでずっと住んでいるわけではなく、1回の滞在で1週間から数週間の間をここで過ごしています

この小さなスペースの良さは、家族の時間を大切にできることです。子供たちは水のそばで遊んだり泳いだり、いつもとは違う楽しい時間を過ごすことができます。

この家ではいつも子供たちの足音が聞こえるので、子どもが安全に過ごしているかすぐに分かります。

小さなスペースで家族が一緒に笑い合ったり時には喧嘩をしたりして過ごすことで、家族として過ごす時間がとても充実しています。

このことに気が付いてから、陸上にあった普通の家を、もっと小さく作り変えました。大きな家で暮らしていた時よりも、家族としての結びつきがより強くなったと感じています。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン


 

タイニーハウスボート

-ボート・船
-

執筆者:

関連記事

ヨットで暮らすカップル

「ずいぶん節約できる」セイルボートで暮らすカップル

ヨットで暮らすのがどんなものか分かる動画です。 下記は動画の要約です。 ふたりは、もともとはアパートに住んでいたが、シンプルで自由な生活に憧れ、お金をためて中古のヨットを購入し、ヨットでの生活をはじめ …

船を作り続ける船長

「まず始めること」小さい頃から船を作り続ける芸術家の船長

エディー・アンディスは芸術家。42フィートの帆船「プテロダクティルス」の船長です。 Dylan Magaster 昔からボートが好きでした。初めて船を作ったのは8歳の時。といってもそれはただ四角い形の …

オフグリッドの水上ボートハウス

「より少なくすることの喜びを教えてくれる」オフグリッドの水上ボートハウスに暮らす男性

マークは水上のタイニーハウスで暮らし始めて20年以上にもなります。彼の家は、川にドラム缶を並べて浮かせ、上に床を作って家を載せたボートハウスです。 Living Big In A Tiny House …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

スモールビジネス
\フォローいただけると嬉しいです/