みんなのタイニーハウス

「鬱から抜け出すキッカケになった」元オリンピック選手の住む約250万円のDIYタイニーハウス

投稿日:2019年3月19日 更新日:

クリスとイブのカップルは、ニュージーランド・ラグランの自然豊かな美しい土地でタイニーハウスに住んでいます。

二人はそれまで住んでいた市街地の家から引っ越さなければならなくなったことをきっかけに、次に新たに一般的な家を探すのではなく、タイニーハウスという選択肢をとってみることにしました。

友人や家族の手も借りながらDIYで作りましたが、クリスは家具職人をしていたので、大工仕事は苦になりませんでした。

また、イブにとっては、タイニーハウスは単に自分の住む家を建てる以上に意味のあるものとなりました。

イブはボート競技の選手で、ニュージーランド代表としてオリンピックに出場した経験もありましたが、オリンピック後にうつ状態に陥ってしまっていました。

タイニーハウスを作るというプロジェクトは、うつで苦しんでいた彼女に新たな目標と、次にどんな事が待っているか、何をしようかというわくわくした気持ちを与えてくれました。

このプロジェクトを通して、少しずつ前に向かって動き出すモチベーションを得ることができたイブは、うつから抜け出す事ができたのです。

今は、トレーニングのために平日は他の所に住んでいますが、休日の度にこのタイニーハウスに戻って来られることを楽しみにしています。

トレーニングで競技に集中する時間と、この家でリラックスできる時間とで、ちょうど緩急のバランスが取れていると感じています。

タイニーハウスは、家や住まいに関することだけでなく、人生において目標を持ち続けることの大切さを教えてくれました。

二人のタイニーハウスの中は、大きなカウチやキッチンの他は大きく目立つもののないすっきりしたデザインになっています。

冷蔵庫や洗濯機はありますが、どれも白で統一したケースの中に収納されているので、家の中に統一感があり、空間が広く感じます。

ペット用品も収納して、使っていないときは外から見えないようになっています。

タイニーハウスでの生活を始めて1年と2ヶ月ほどですが、思っていた以上に快適でした。

この家に住む前に、タイニーハウスよりももっと小さな小屋で2、3ヶ月ほど暮らしていたので、タイニーハウスを狭く感じるどころか、逆に広い家に引っ越しした気分になれました。

この家を建てるのに、家具、家電や広いウッドデッキなど全て含めて32,000ニュージーランドドル(約250万円)ほどでしたが、これはニュージーランドでのタイニーハウスに関する費用の中ではかなり安い方です。

これは、時間をかけるかわりに中古で安く買えるものや無料でもらえるものをできるだけ集めて利用したからです。

急がずにしっかり時間をとって準備すれば、コストはその分安くできるのです。

また、多くの人が、自分たちの家でもないのに、二人を助けてくれました。たくさんの人の愛に囲まれて、家ができあがったのです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

-みんなのタイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

「家を買えなかったことに感謝」素材に心ゆくまでこだわった手作りのタイニーハウス

タイニーハウスを作るメリットの一つに、家の材料や家具などの質に心ゆくまでこだわることができるという点が挙げられます。 普通の家と比べてはるかに小さく、少ない材料でできるタイニーハウスだからこそできるこ …

オフグリッドなエコライフ

「お金の必要でない生活をしたかった」7人大家族のオフグリッドライフ

この家族はなんと7人家族!森の中に広い土地を持って暮らしています。「お金の必要でない生活をする」という言葉どおり、自然の力を利用したり、自作したり、工夫することで生活に必要な全てを賄っています。 下記 …

退職後タイニーハウス

タイニーハウスで住宅ローンから解放された生活を送る夫婦

デイブとエイドリアン夫妻のタイニーハウスは、2人にとって2軒目です。最初に住んでいたタイニーハウスのデザインを気に入って是非買いたいという人が現れたので、それを売って夫妻にとって2軒目となる現在のタイ …

「消費するばかりの現代の生活に疑問」丸太キャビンでオフグリッドライフを送る夫婦

ダグとステイシーはアメリカ・ミズーリで開拓時代の農場のライフスタイルを実践しています。 Living Big In A Tiny House 7年ほど前までは都市部で生活していましたが、日々の忙しさや …