みんなのタイニーハウス

驚愕のロケーションと近代的すぎる家!

投稿日:2016年12月9日 更新日:

今回は間取りはタイニーだけど、タイニーハウスという次元ではない家をご紹介いたします。

近代的過ぎる家の全貌とは…

この家、外観が普通ではありません。管制塔のような外観をしています。そしてロケーションもハンパなくいいです。

どうやって登るかというと、柱部分の中のはしごから登れるようになっています。このアトラクション感、心躍りますね。

気になる室内は、360度の絶景が広がっています。また近代的な作りも最高ですね。

そして驚くべきことは、このタワーの上にも登ることができるのです。柱の中を更に上に行くことができます。この360度の広大な自然を独り占めしているような感覚になりますね。

さらに驚くべきことは、この家、全てをスマートフォンからコントロールできるのです。家の照明からドリンクの取り出しまで全てスマートフォンで操作可能です。しかもそれらはソーラーパワーで行われます。詳しくは記事始めの動画をご覧ください。


こちらの家の設計者はこの家を立てる前に、ツリーハウスも設計していたようです。

ツリーハウスの小さな窓に対する疑問や、強い風や木の成長に影響されることへの疑問を解消したのがこの近代的な家のようです。

まとめ

家の選び方は、その人が人生で何を大切にするかによって、大きく変わってきます。この家のように近代的で未来的な家にしようという方は、一般の方ではちょっと現実的ではないかもしれませんが、「何を大切にするか」を考えることはとても重要です。

様々な家や考え方を知り、ご自身の住まい選びに役立ててください。


 

近代的な家

-みんなのタイニーハウス

執筆者:

関連記事

火の見櫓で生活するふたり

「違った生き方があるのではないか」火の見やぐらで暮らすふたり

火の見櫓(ひのみやぐら)に住む2人のストーリーです。デザイン重視の奇抜な家のように思いますが、歴史や建物について調べ、実際にその土地に滞在してから建てられています。 ダブニーとアランは火の見櫓に暮らし …

住宅地のタイニーハウス

住宅地の中に建てたタイニーハウス。ミニマリストを体験した二人の建てた家。

タイニーハウスムーブメントの隆盛が続く中で、狭小スペースのデザインをコンセプトとした家作りは、一般のこれまでの慣習に従って作られている住宅地の中にも組み込まれようとしています。 ウィルとジェンの夫妻が …

「違うことを始める良いチャンス」62歳から作り始めたタイニーハウス

ブリジットがタイニーハウスでの生活で気に入っているところは、自分の手で作ったスペースの中にいられる事です。 誰かに「こうしなさい、ああしなさい」と言われることはありません。 そして多くの掃除が必要ない …

クールな黒のタイニーハウス

超クールな真っ黒のタイニーハウス。家族で住めるサイズ。

タイニーハウスと聞くと「狭い家」と感じる人も多いかもしれません。しかし、それは大きな誤解! タイニーハウスは、「狭い」のではなく、「自分の理想のサイズにできる」という点が一番の魅力です。 今回ご紹介す …