みんなのタイニーハウス

「一般的な家の家賃は高額」約800万円で温室付きのタイニーハウスを作った女性

投稿日:

ナターシャは娘を持ったことをきっかけに、生活を大きく変える決断をしました。

車でカナダ中を旅して色々な暮らし方を模索した結果、それまで住んでいたトロントからビクトリアに引っ越すことにしたのですが、そこでも一般的な家の家賃は高額でした。

生活費に追われる事なく娘と二人の時間を大切にできるライフスタイルを求めて、彼女はタイニーハウスという選択肢を選んだのです。

ライフスタイルの変化は小さな家に住み替えるという事だけではありませんでした。

タイニーハウスでの生活を始めて1年ほどになりますが、ナターシャはタイニーハウスの他に大きな温室も作り、そこでハーブや野菜を育て始めました。

トロントのダウンタウン育ちの彼女にとって農作業をするのは初めての体験でしたが、ナターシャはここで収穫できる野菜を自分たちの食糧とするだけでなく、それらを販売するビジネスを副業として立ち上げたいと考えています。

タイニーハウスが完成するまでのプロセスはなかなか大変なものでした。

この家は一から作ったものではなく骨組みは業者に注文したのですが、届いたものは彼女が当初思い描いていたものとはかけ離れていました。

そこから多くの手をかけて修正したりカスタマイズし直したり様々な大工仕事を行っていきましたが、その大変さに、作業の途中でタイニーハウスを諦めようかと考えたこともありました。

一時は本当にこのタイニーハウスを売りに出そうとしていたナターシャですが、娘との新生活を始めるという本来の目標を思い出して気を取り直し、とうとう家を完成させました。

苦労して完成させたナターシャのタイニーハウスには、限られた空間であるにもかかわらず3ベッドルームの間取りになっています。

小さな子どもがいるため洗濯をする機会が多いので、洗濯機と乾燥機が室内に備え付けられており、バスルームにはフルサイズのバスタブがついています。

家にはナターシャのアート作品がたくさん飾ってあり、そして、階段や梯子を使ってロフトに上がったり、家の中にハンモックやブランコがあったりするタイニーハウスでの生活をナターシャの娘はとても楽しんでいて、友達を呼んで家の中で一緒に遊ぶこともあります。

ある時、家を離れて休暇を過ごすことになった時などは、娘がタイニーハウスから離れたくないと言った事もあるほどここでの生活を気に入っています。

ナターシャも、彼女はこれまで一般的なサイズの家にしか住んだことはなく、タイニーハウスのような小さなスペースで生活するのは初めてでしたが、ここに引っ越してからはすんなりと新生活に順応することができました。

この家を作る費用は、途中で大きな手直しやカスタマイズをした分の費用が余分にかかったこともあり、10万カナダドル弱(約800万円弱)かかりましたが、その結果彼女と娘両方が満足のいく家ができたので、長い目で見れば手頃な値段だと思っています。

この家作りを通して、途中に困難な事があっても、我慢強く目標を追い続けていくことが大切だということを学びました。

タイニーハウス作りに取り組んでいると、途中で建設を手伝ってくれる人たちも現れました。

諦めずに理想を求めた結果、その思い描いた通りの家ができあがったのです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

-みんなのタイニーハウス

執筆者:

関連記事

「小さくても犠牲や妥協しない」大きめのタイニーハウスで理想の暮らしをする女性

ヘレンは、ニュージーランド・オークランドにあるタイニーハウスで一人暮らしをしています。 彼女はある時突然、それまで住んでいたアパートメントから引っ越さなければならなくなり、当時はまだ普通のサイズの家を …

オフグリッドキャビン

「現代社会は大切なものを簡単に忘れてしまう」山奥の隔絶した場所でオフグリッドキャビンに暮らす夫婦

フィオナとリチャードの夫妻はニュージーランドの山奥にあるバトンバレーで羊や牛を飼って農場をしています。 Living Big In A Tiny House この土地はもともとリチャードの祖父がバトン …

医者とイラストレーターのタイニーハウス生活

「賃貸料を払う代わりに農場で働く」タイニーハウスに住む、医者とイラストレーターの夫婦と子ども

20平方メートルのタイニーハウスに暮らすのはトム、サラ、そして10か月の娘ニサの3人家族です。ここはもともと羊の毛刈りに使われていた場所です。ベッドルームがあって隣のエル型の部屋がキッチン、ラウンジ、 …

「人間には理想の暮らしをする権利がある」約500万円で作ったDIYタイニーハウスで生活するカップル

ジェームスとブレーリンのカップルは、カナダ・オンタリオ州で自分たちでデザインし、作ったタイニーハウスに住んでいます。 二人は、人は誰でも水を飲む事と同じくらい当たり前の事として、自分自身の安全基地を持 …