タイニーハウス

北極圏のガラスドームエコハウス。地球を汚さない家。

投稿日:2017年3月23日 更新日:

私たちは世界に数多くある自然の建物にインスパイアを受けました。この星のことを守り支え、そして愛している私たちにとって関心のあるものです。

持続可能な生き方のためにベンジャミンとイングリッドはこのガラスドームをノルウェーの北極圏にある島に34万ポンドかけて建てました。

この家の建築を始めたのが2012年。ここに引っ越すまでに1年半かかりました。360枚のガラスパネルでこの家はできています。7.5メーターの高さ。直径15メートルです。多くの光を集めてくれるので暖房にかかるエネルギーが少なくて済みます

ここで自分たちの食べ物を育てたり近くの自然から採集してきます。私たちはあまり多くのものを買いません。水が循環するシステムを作り、無駄遣いしないようにしています。

自然のもので出来た家が欲しかったのです。空気を汚さず有機的な形をした家は住んでいて心地よいです。砂と泥とわらを混ぜたものや、材木で家をつくっています

ふたりともこの島で育ち、4人の子どもたちもそれに続きます。上の3人の子どもはこの家を建てる手伝いをしてくれました。壁と自分たちの部屋をつくりました。この家を気に入っていて、ここで暮らしたいと言ってくれています。建てるのは大変でしたがその価値がありました。

自分たちの作り上げたものを見ると、深い感謝と喜びの気持ちになります。

この家を見たときは、「デザイン重視」の家かと思ったのですが、全く違っていました。

北極の極寒の地で、暖房を抑えて生活できるというだけでなく、自家栽培や水の循環する仕組みを取り入れたりと、環境のことを第一に考えている家でした。

4人の子供と一緒に、子どもたちがのびのびと生活できる家、とても憧れます。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Barcroft TV


 

ガラスドームエコハウス

-タイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

元消防車のタイニーハウスで暮らすプロスノーボーダー

「小さな行動が大きな変化になる」元消防車のタイニーハウスで暮らすプロスノーボーダー

オースティン・スミスはプロのスノーボーダー。消防車をタイニーハウスに改修してバチェラー山で暮らしています。 Dylan Magaster 個性的すぎるし、注目をひきすぎる。なにもかもがオーバーだけれど …

フローティングタイニーハウス

「完全な自給自足のオフグリッド生活を作る」水上のタイニーハウスで暮らす夫婦

クリスとカリーナ夫妻はニュージーランド、オークランドの都会での生活にストレスを感じており、長年もっと静かなところに引っ越すことを夢見てきました。 そしてある時、郊外に土地を買ってそこを自分たちの手で整 …

「自分で家を作る達成感」廃材を再利用して作ったオフグリッドタイニーハウス

今は様々なコンセプトのタイニーハウスが建てられていますが、タイニーハウスは、元々は少ない予算でも自分の家を持つことができるというところからスタートしました。 オーストラリア・メルボルン郊外に住むジェシ …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/