ハーフビルド

オスモカラーの自然塗料を使ってみたレビュー【屋外用パールグレー】

投稿日:

ハーフビルドしている家の外壁の塗料にオスモカラー(ウッドステインプロテクター)の自然塗料を使いました。

色はパールグレー(906)。

オスモの自然塗料(パールグレー)

杉板にオスモカラーパールグレーを2回塗りした家の外観はこちら↓

近くで見るとこんな色です。

オスモカラー(パールグレー)

とても気に入っています。

「この塗料にして本当に良かった」という感想です。

オスモカラーウッドステインプロテクターのレビュー

オスモカラー・ウッドステインプロテクターの感想をいくつかピックアップしてご紹介します。

オスモカラーの良かった点は3つ

オスモカラーで良かったのは下記の3つです。

  1. 匂いが気にならない
  2. 木目が残る
  3. グレー系の色が豊富

1.匂いが気にならない

1つ目は「匂いが気にならない」ということ。

オスモカラーは自然塗料ということもあり、匂いがほぼ気になりません。

杉板の塗装はかなり時間がかかるため、匂いがきついとツラいです。

しかも我が家は赤ちゃんがいたので、匂いがないのはありがたかった。

作業のストレスが大幅に軽減されました。

2.木目が残る

2つ目の特徴は「木目が残る」こと。

オスモカラーのウッドステインプロテクターは先程の写真のように、木の木目が残ります。

木の風味が残るため、「木の家感」が一層際立ちます。

これは好みによりますが、我が家はとても満足しています。

3.グレー系の色が豊富なこと

3つ目は「グレー系の色が豊富なこと」です。

我が家はライトなグレー系の色にしたいと思っていました。

他にも自然塗料で有名なリボスも検討しましたが、グレー系の色が少なかったです。

オスモカラーのウッドステインプロテクターは下記のようなカラーのラインナップがあり、特にグレー系の色が豊富です。

以上3点がオスモカラーで良かった点です。

あと、ショールームもあるのも、色を決めるうえでとても良かったです。

サンプルを何種類ももらえたため色の比較ができました。

家の外観の色は、雰囲気を左右するとても重要なポイントなので、たくさん悩むのがおすすめです。

オスモカラーでイマイチな点は2つ

オスモカラーでイマイチだった点は下記です。

  1. 塗料の量が結構必要
  2. 粘度が高くて塗りづらい

1.塗料の量が結構必要

オスモカラーの公式サイトには「1リットル=約12m² (2回塗り)」と書かれていました。

しかし、その2.5倍ほどの量が必要でした。

杉板で、塗料の染み込みやすかったため、塗料が多く必要だったのだと思われます。

オスモカラーは安くはなく、そこそこな値段がする塗料なので、この出費は痛かったです。

2.粘度が高くて塗りづらい

オスモカラーのウッドステインプロテクターは粘度が高いです。

そのため塗りづらいです。

まとめ

以上、オスモカラーのウッドステインプロテクター(パームグレー)のレビューでした。

デメリットも挙げましたが、それにも勝るメリットがあります。

パームグレーの色にしてとても満足しています。

オスモカラー パームグレー

-ハーフビルド

執筆者:

関連記事

吸音ウールのはめ込み

防音壁の自作。道具と手順【吸音ウール・遮音シート】【大建】

家をハーフビルドで作っています。 トイレの壁を防音仕様に自作したのですが、分からないことが多かったので、誰かの参考になればと記事にします。 目次1 防音壁の自作に必要な道具1.1 吸音ウール1.2 遮 …

杉板の塗装

杉板をひたすら塗装。キツすぎた。【必要な道具と手順を紹介】【ハーフビルド】

こんにちは。ふずです。 ハーフビルドで家を作っています。 外壁張りの前にとてつもなく大変な作業「杉板の塗装」があります。 作業自体は簡単なのですが、量がとてつもなく多い。 丸二日かけてやっと三分の一弱 …

下見張りスターターの取り付け

下見張り(鎧張り)のスターターの取り付け

この記事では下見張り(鎧張り)の基礎となるスターターの解説をします。 この記事を書く僕は、家をハーフビルドで建て始めました。 我が家のハーフビルドでは、基礎〜上棟、サッシの取付まではプロに依頼だったた …

石膏ボードのパテ埋め

石膏ボードのパテ埋めの手順・道具【DIYにおすすめ】

家をハーフビルドで作っています。 石膏ボードのパテ処理をしたので、その方法を解説していきたいと思います。 この記事を読めば、石膏ボードの隙間やビス穴を埋める手順と道具が分かります。 DIYの人にも参考 …