ハーフビルド

石膏ボード貼りに必要な道具たち【僕の使うノコギリ・カンナ・ゲージ等を紹介】

投稿日:2020年4月12日 更新日:

こんにちは。ふずです。

ハーフビルドで家を作っています。

杉板の塗装、外壁貼りが終わったので、家の中を進めています。

家の中全然進まない。。

この記事では石膏ボード貼りに使う道具を紹介します。

石膏ボードを切るときに必要なもの

石膏ボードのこぎり

  1. 石膏ボード用の「のこぎり(スマートソー)」
  2. 石膏ボード用の「カンナ」
  3. 石膏ボード用の「やすり」
  4. クランプ
  5. ケガキゲージ
  6. 石膏ボード用の「ビスキャッチ&ストップ」
  7. 首振りビットホルダー

石膏ボード用の「のこぎり(スマートソー)」

石膏ボード用ノコギリ

まずは「のこぎり」。

石膏ボードを切るにはカッターでも良いのですが、僕はノコギリの方が断然好きです。

はじめは僕もカッターで切っていましたが、綺麗に切るのが難しかったです。

カッターだと3回くらい切り込みを入れたあと、手で折る必要があり、その際にボードが割れてしまってました。(僕が下手なのかもしれない)

ノコギリだときれいに切れます。

僕が使っているのはタジマのスマートソーというノコギリです。

石膏ボード用のノコギリ

スマートソーはノコギリの刃が細くてフニャって折れそうになるので、替刃を購入して使っています。

替刃を使えば、石膏ボードも安心して切ることができます。

ちなみに細い刃のスマートソーは 石膏ボードにコンセントの穴を開けるときに大活躍しています。

石膏ボード用の「カンナ」

次は「カンナ」。

ボードカンナは必需品です。石膏ボードの端を処理します。

僕は2種類の石膏ボードカンナを使っています。

石膏ボードの面取りに使うカンナ

ひとつは、面取りに使うカンナ

45度の角度で面取りができます。面取り幅が「1/1.5/2/3mm」と4段階調整できます。

僕は面取り幅を3mmに固定し、石膏ボードが隣り合う部分にこのカンナを使っています。

もう一つは、この白いカンナ

これは角度が30度のカンナです。こちらも同様に面取り幅が「1/1.5/2/3mm」と4段階調整できます。

僕は面取り幅を1mmに固定し、端や天井側にくる部分にこのカンナを使っています。

どちらのカンナも、一般的なカッターの刃を使うことができるので、替え刃が安価です。

2つ使っているのは、面取り幅の調整を毎回変えるのが面倒だからです。2つあったほうが便利と思います。

石膏ボード用の「ヤスリ」

次は「ヤスリ」。

ヤスリはあったほうがベターです。

ノコギリで切ったあと、多少ザラつきがあるので、軽くヤスリがけしてきれいにしています。

僕が使うのはボードヤスリデュアルというものです。

これ1つで、荒い目と細かい目の2つが使えます。

ボードの粉が入るポケットがあるので、粉が出ないかと思ったのですが、そんなことはなく、普通に粉が出ます。

(粉が出ないヤスリあったら誰か教えて下さい。)

クランプ

次は「クランプ」。

クランプは必須です。ガイドを押さえるのに使います。

ガイドをクランプで押さえ、ガイドに沿ってノコギリで切っています。(僕は初心者なので、プロの人ならこんなことはしないかも。)

僕が使うのはタカギのクランプです。

ケガキゲージ

ケガキゲージ

次はケガキゲージです。

これはとても便利です。かなりおすすめしたい商品です。

石膏ボードは使う場所によって、「端から数センチ切りたい」という場所が結構あります。

その際にカットする線を書く(けがく)のを簡単にする道具がケガキゲージです。

けがきの時間を大幅に短縮することができます。

1mm単位で26cmまでの直線を引くことができます。

石膏ボード用の「ビスキャッチ&ストップ」

石膏ボード用の「ビスキャッチ&ストップ」

ビスキャッチ&ストップは必需品です。

石膏ボードのビスをインパクトドライバーで止める際に、そのままの状態だと打ち込みすぎてしまい、最悪割れてしまいます。

ビスキャッチを使うことによって、打ち込み過ぎを防ぎ、丁度いい位置で止めてくれます。

これがあれば石膏ボードのビス打ち込みでの心配はほぼなくなります。

僕が使うのはこのビスキャッチ&ストップです。

首振りビットホルダー

石膏ボードソケット

これも必需品です。

石膏ボードビスは壁近くに打つことがあります。

壁に近いと普通のインパクトドライバーだと本体が邪魔して直角に打ち込めません。

そのため、首振りビットホルダーをつかい、斜めからでもビス止めできるようにします。

僕が使うのはベッセルのものです。

まとめ:石膏ボード貼り、色々道具が必要

ただ石膏ボードを貼るだけで簡単そうなのですが、意外と道具がたくさん必要です。

あとは、石膏ボードは重いので、「腕力」があると良いです。

腕立て伏せもしておきましょう。

というわけで、石膏ボード張りに必要な道具を紹介しました。

石膏ボード貼りに必要な道具

-ハーフビルド

執筆者:

関連記事

杉板の塗装

杉板をひたすら塗装。キツすぎた。【必要な道具と手順を紹介】【ハーフビルド】

こんにちは。ふずです。 ハーフビルドで家を作っています。 外壁張りの前にとてつもなく大変な作業「杉板の塗装」があります。 作業自体は簡単なのですが、量がとてつもなく多い。 丸二日かけてやっと三分の一弱 …

下見張りスターターの取り付け

下見張り(鎧張り)のスターターの取り付け

この記事では下見張り(鎧張り)の基礎となるスターターの解説をします。 この記事を書く僕は、家をハーフビルドで建て始めました。 我が家のハーフビルドでは、基礎〜上棟、サッシの取付まではプロに依頼だったた …

石膏ボードにコンセント穴を開ける - スマートソー

石膏ボードにコンセント穴を開ける方法・手順

家をハーフビルドで建てています。 この記事では石膏ボードにコンセントの穴を開ける方法を紹介します。 コンセント穴を石膏ボードに開けるために必要な道具 石膏ボード用のノコギリ(スマートソー) 下穴用ドリ …

家のカラーシミュレーション

家の玄関の色を決める時は「LIXIL」に行こう【カラーシミュレーターある】

家をハーフビルドで建てています。 家の色選びって悩みますよね。 我が家でも、外壁の色、屋根の色、玄関ドアの色、雨樋の色、窓のサッシの色、排気フードの色と、外回りだけでもかなり悩み、頭がパンクしそうでし …