バス

「前と同じ生活には戻りたくない」中古のバスで暮らす家族

投稿日:

ジミーとアンバーの夫妻、息子のオニキスはスクールバスを改装したタイニーハウスで旅をしながら生活しています。

前はロードアイランド州ナラガンセットのアパートメントに住んでいました。

アンバーはビーチフロントの小さな店でジュエリーやアクセサリーを売る小さなショップのオーナーをしていて、ジミーは建設現場で塗装の仕事をしていました。

ある時家族はプエルトリコにバケーションに行き、そこで心が洗われるような体験をしました。別にライフスタイルを大きく変えるためにそこへ行ったわけではなかったのですが、それがきっかけとなって、バケーションから帰ってきた時には前と同じ生活には戻りたくないと思うようになっていたのです。

二人は2003年製の中古のバスを買って家族で旅に出られるように自分たちで改装しました。3、4か月かけて中で生活ができるように改装し、アンバーは店を閉め、バケーションから11か月ほど経った5月にバスでの新生活を始めました。

このような生活を考えている人たちに二人が言いたいことは、「手放すことを恐れないで」という事です。物を身の回りにたくさん置いておくにはそのスペースと、そのためのお金も必要です。ただ物をとっておくためだけに色々と消費しなければならない生活をやめようと決めたのです。

旅に出るにあたってそれまで身の回りにあったものの3分の2は処分しました。新しい生活に踏み出そうとする時、それをやめる言い訳はたくさん見つかります。

例えばアンバーは第二子を妊娠中ですが、それを理由に今までの生活を続けることもできました。でも二人は新しい生活に踏み出しました。

もし頭の中にあたためているプランがあるのだったら、それにこだわってやり通してみることです。人間には順応する力があります。物を持たない生活、狭いスペースでの生活にもちゃんと慣れて新しいライフスタイルを楽しむことができるようになります。

そしてもし、それを一緒にする人がいたらそれは大きなパワーになります。

子どもの為ということを考えると、子どもの日々の生活を楽しいものし、あまり深刻に悩み過ぎないようにしようと心がけるように気持ちが変わってきます。

二人にとって息子のオニキスも、これから生まれてくる新しい家族も、大きなエネルギーをくれる存在なのです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

妊娠中のタイニーハウス

-バス
-

執筆者:

関連記事

オフグリッドスクールバスに暮らす家族

「一から学びながら作る」3万ドルで改修したオフグリッドのスクールバスに暮らす家族

スクールバスを改修してオフグリッドの生活をするルークとレイチェルのカップル。ひとりの娘がいます。いま暮らしているのはアメリカ・ノースカロライナ州です。 Living Big In A Tiny Hou …

トラックで暮らすカップル

「今の生活は本質的に幸せ」トラックの中に住むカップルのストーリー

アニータとウェインはこの移動する小さな家に住み始めて6か月になります。シンプルな生活を求めて、必要以上にお金の心配をする生活から逃れるためにこの生活を始めました。 Living Big In A Ti …

スクールバスを改修して生活する男性

スクールバスを改修して、「家」兼「Airbnb」として暮らす男性のストーリー

ニューヨークでバスで暮らしながらノマド生活をするダニエル。プロダクションアシスタントとして働きながら、彼の兄弟と、それに3人の同居者とバスで暮らしています。 Dylan Magaster 17歳のころ …

廃棄された野菜のオイルを燃料にするスクールバス

「今の社会構造では多くのゴミがでる」廃棄された野菜のオイルを燃料にするバスで暮らす女性

ゾラはスクールバスを改修した移動する家で暮らしています。 Exploring Alternatives リビングと寝室は兼用です。ソファの下には緊急用トイレなどの備品が収められています。またベッドは拡 …

スクールバスのタイニーハウス

「可能な限り夢を追うべき」コーヒーショップを開きながらスクールバスで暮らす男性

エリックはコロラド州ボルダーでスクールバスを改装したタイニーハウスに住んでいます。 Dylan Magaster 彼は生活をミニマルなものにしつつ、どこに住むか、何ができるか、自由度の高いオプションを …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集