ボート・船

「まず始めること」小さい頃から船を作り続ける芸術家の船長

投稿日:

エディー・アンディスは芸術家。42フィートの帆船「プテロダクティルス」の船長です。

昔からボートが好きでした。初めて船を作ったのは8歳の時。といってもそれはただ四角い形のものでした。誰か大人が教えてくれたわけではありませんでしたが、それは水の上に浮くと思ったし実際浮きました。母が作ってくれたランチをカバンにいれて川へ行きました。近所の人も見学に来ていて、「ちょっとそこまで行ったら戻ってきて今度はみんなを乗せてあげるよ」と言って私は船に乗り込みました。乗ったとたん船はまっすぐ下に沈んで私は膝まで水につかりました。これが1番目のボートでした。

絵を描くこともまた好きでした。鳥の絵を描く少年でした。どうすればまさに空を飛んでいるように描けるのか。羽を広げて、立体的に見えるよう描きました。そのころから、様々なチャレンジを重ねました。そしてこれが天職だと信じアートスクールに通うことに。私は何事も、家を建てるにしろ、船を作るにしろ、まず絵を描きました。

大型帆船「プテロダクティルス」。大きくて立派な帆を備えた船です。様々な部品が手作りです。船は大きいですが、コントロールできるように大きすぎないサイズになっています。

トミー・ドレイクという船長がいました。彼は自ら船を設計して自らの手で船を作りました。大雑把なところもありながら彼の船は機能的でした。彼は私にとってのヒーローで彼のスタイルを尊敬しています。

本格的に船を作ったのは73年のこと。兄弟や当時の妻、学友たちに手伝ってもらいました。誰か指導者がいたわけでなく、手探りで本を読んで学びながらの作業でした。まずい作業も多くあったので再販することは難しいものでした。しかし、なんとか機能するものが出来上がりました。

ギャレー(調理室)があります。アルコールストーブはジンバル機構になっています。船がゆれてもストーブが水平を保てるようになっています。引き出しも勝手に出てこないように上に持ち上げて引き出す仕組みです。お酒のボトルがたくさんシンクにたまっています。

トイレはコンポジットトイレ。寝室があって合計で11人は中に泊まれるようになっています。

まず始めることです。今後の人生のすべてを計画していてはいつまでもスタートできません。そうやって今の私があります。やることは始めるだけ。それが私からのアドバイスです。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

船を作り続ける船長

-ボート・船
-,

執筆者:

関連記事

フローティングハウス

朝起きて、そのまま川に飛び込むことができる家。

今日ご紹介するのは「フローティングハウス」 フローティングハウスは日本で見ることはめったにないですが、憧れの詰まった暮らしです。 Exploring Alternatives 穏やかな川に停泊したフロ …

ボートで生活する女性

「モノを持たない、無駄のない生活を心掛ける」ボートで暮らす女性

アナとキャス。自由と、より自然に近い環境を求めて二人は小さな船での生活を始めました。週末などの休みになればイングランドの運河をつたって好きなところへ出かけられます。クルーズのペースはゆっくり。歩くよう …

ヨットで暮らす老夫婦

「本来なら払う必要のないお金を払っている」仕事をリタイア後、ヨット生活を送る老夫婦

トニーとマーゴは結婚生活50年になります。3人の子どもを育て上げ、仕事をリタイアしてからは旅をする生活を始めました。 Dylan Magaster 二人は2010年にリタイアして年金生活に入りました。 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/