タイニーハウス

「タイニーハウスの法整備を目指す」組織を設立した二人の女性

投稿日:

今回はカナダ、バンクーバーにthe BC Tiny House Collective(BC=ブリティッシュコロンビア、ブリティッシュコロンビアタイニーハウス共同体)を共同設立した二人の女性を訪ねます。

ステイシア(アナスタシア)とサムは、この組織をタイニーハウスの合法化や法律における明文化、さらなる法整備を目標として作りました。

活動方針の基本は、
1)タイニーハウスについての情報を広めることで地域社会との関わりを築くこと
2)タイニーハウスが合法化されるために何が必要で、どんなことを解決しなければならないかというリサーチ
3)実際に様々な地域でのタイニーハウスのプロジェクトを計画し携わることで、法整備に向けて有効なことやそうでないものを観察しこれからの活動に反映させる

という3つの柱です。

サムによると、タイニーハウスがよりポピュラーなものになってきたのは、人々の価値観が多様化してきたからです。その背景には住宅産業が人々のニーズを消化しきれなくなっていること、土地や空間に対して人々が求めるもの、理想とする使い方などの要求が非常に大きくなっていること、あとはミニマリストなどの新しい考え方が出てきたこと、その他いろいろなものがあるでしょう。

大きく分けると、家を維持する能力、ミニマリズム、家を買うことのできる余裕の問題が最近の住宅事情の悪化の原因となっています。これらの要素が人々の関心をタイニーハウスに向かわせました。

また、社会の中でも孤立して周りとのつながりを失うということが大きな問題となっています。タイニーハウスのコミュニティーが社会の一員となり、お互いに繋がりをもって作用し合うことができるかもしれないと思うのです。

また、人々と仕事の関係も従来のままではなくなっています。より柔軟に自由度の高い働き方が増えてきています。そんな中で身軽に動き回れるタイニーハウスという選択肢をとる人もまた増えているのです。

今は家を持つ場合、広い一戸建てに住むか高層建築の家に住むかのような幅の狭い選択肢しかありません。複式の(長屋的な)建物や狭小住宅などは十分な数がありません。

そんな中でタイニーハウスは自分の家を持ちたい人への選択肢の一つのなり得るのです。近頃の住宅事情の抱える問題の全てを解決できるわけではありませんが、解決策の一つを提案できる存在であると思っています。

彼女たちが設立したこの共同体の組織はボランティアの人たちと共にタイニーハウスという選択肢を考えている人たちを支援し、タイニーハウスが合法的に社会の一員となれるようリサーチや啓蒙活動に取り組んでいるのです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

タイニーハウスの法整備

-タイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

ツリーハウスに暮らす男性

「ストレスを忘れ、童心に返ることができる」高級ツリーハウスを建築する男性

ワシントン州シアトルの「Nelson Treehouse and Supply」を訪れています。案内をしてくれるのはガレット。数々のツリーハウスの建築をしたピート・ネルソンが2010年にNelsonT …

タイニーハウスをDIYしたカップル

「多くの自由とお金の余裕が生まれた」17,000ドルでタイニーハウスをDIYしたカップル

ノースカロライナ州、アッシュビル。デイビッドとキャサリンのカップルはDIYでタイニーハウスを建てました。この家で暮らし始めて18か月になります。 Living Big In A Tiny House …

シングルマザーのタイニーハウス

「スポンサーを募って家を建てる」タイニーハウスを自作したシングルマザー

ミシェルはタイニーハウスに暮らすシングルマザーです。彼女の人生は不幸な出来事の連続でした。二度の結婚と離婚を経験し、それまでに建てた二軒の家も離婚の過程で失ってしまいました。 Dylan Magast …

こんな暮らしいかがですか?|TAKUTAKUの提案したい暮らし

「タイニーハウスとは?」でお話したように、TAKUTAKUではタイニーハウスを「人生や暮らしにこだわったからこその選択」だと思っています。 そこで、TAKUTAKUではその「こだわり」が読者により伝わ …

ワインボトルを使って建てられたタイニーハウス

7,500本のワインボトルを使って作られたタイニーハウス

なんと7,500本のワインボトルを使って作られたタイニーハウスです。外からの光がボトルの光に反射して、とても幻想的な空間となっています。 relaxshacksDOTcom 様々な工程を経てワインボト …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集