タイニーハウス

「家族と一緒の時間をたくさん持てる」子供とタイニーハウスに暮らす家族

投稿日:

マイカとジェイナ、そして子どものサイラスの3人家族。バーミンガムから仕事の都合でここサンフランシスコに引っ越してきて以来タイニーハウスで暮らしています。サンフランシスコで賃貸に住むには大変な費用がかかるためタイニーハウスに住むことにしました。

家はテキサスのAmerican Tiny Houseに依頼して建築してもらいました。大きさはおよそ237平方フィート。30×8フィートほどのサイズです。

ラウンジがあって、クローゼットなどの収納もある。洗濯機、食器洗浄機、キッチンにシャワーもあって、暮らしに必要なものは一通りそろっています。電力をまかなうために二枚のソーラーパネルを設置しました。

民家の庭を借りてそこにタイニーハウスを置いています。しばらくは街の駐車スペースを利用していたのですが、正式な利用手続きを求められその手続きがあまりに煩雑であったためいまの場所に移ることになりました。

庭を貸してくれている家族には子供がいてサイラスの良い遊び相手になってくれています。

小さな子どもがいる私たちにとってタイニーハウスが適しているのか不安もありました。子どもがロフトから落ちないように柵を付けたりしました。子どもが大きくなるにつれて柔軟に暮らし方を変えていく必要があります。

ここでの暮らしは家族が一緒にいる時間をたくさん持てます。常に顔を合わせているので何か問題があればすぐに解決しなければやっていけません。そうやって過ごしているからこそ、より親密な関係を築けるようになったと感じています。タイニーハウスでなければ私たち家族の関係はもっと異なるものだったのではないかと思います。この家をとても気に入っています。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

タイニーハウスに暮らす家族

-タイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

元消防車のタイニーハウスで暮らすプロスノーボーダー

「小さな行動が大きな変化になる」元消防車のタイニーハウスで暮らすプロスノーボーダー

オースティン・スミスはプロのスノーボーダー。消防車をタイニーハウスに改修してバチェラー山で暮らしています。 Dylan Magaster 個性的すぎるし、注目をひきすぎる。なにもかもがオーバーだけれど …

セルフビルドしたタイニーハウス

「YouTubeで作り方を学んだ」初心者から始めた、タイニーハウスのセルフビルド

バンクーバーでタイニーハウスに暮らすローリーとローラ。青い外観が特徴的です。ここで暮らし始めて4か月半。家を建てるのに約1年かかりました。 Tiny House Giant Journey ふたりとも …

「色々なことを受け入れゆったり過ごす」タイニーハウスに暮らすヨガの先生

ジェイミーはヨガの講師をしており、彼女のタイニーハウスはヨガのインストラクターたちが集まって作ったコミュニティの敷地の中に建っています。 Living Big In A Tiny House 自然豊か …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/