タイニーハウス

「自給自足可能なコミュニティを築く」山の中のタイニーハウスに暮らす女性

投稿日:

タイニーハウスの未来について考えた時、家そのものの事は全体の中のほんの一部でしかありません。生活の基盤となるのはコミュニティーや、それにともなうインフラの構築の方です。

ブリティッシュコロンビアでは、タイニーハウスの未来に向けた興味深い挑戦が始まっています。

キャスリーンはブリティッシュコロンビアの山と湖の美しい景色をとても気に入り、ここに土地を買おうと思いました。

そして、土地を買う資金について兄に相談した時、ここを目にした彼女の兄もまた、ここに自給自足が可能なコミュニティーを築くことができないだろうかと考え始め、このプロジェクトが始まったのです。

彼女はかつては大都市の郊外に住み、結婚して子供を持ち、ローンの支払いや失業の心配など常にお金を追い求めなければならない生活をしていました。

生活をシンプルにしようと決意したキャスリーンは家を売り、彼女はブリティッシュコロンビアの今の土地に、娘はノヴァスコシアにタイニーハウスを建てました。

今は彼女の敷地内にはソーラーパネルがいくつも設置され、家や温室に電気を供給しています。近未来のような多面体のドームがいくつも建っていますが、その中は温室になっていて、一年を通して野菜を育てることができます。オーガニックの野菜なので、地元のレストランなどにも需要があり、収入につなげることもできます。

彼女はこうしてここで自給自足のエコライフを送っているのです。

今は電力が余っているので、他のタイニーハウスを招くなどして、コミュニティーを発展させることも考えていて、その為の会社も設立しました。

このタイニーハウスでの生活を始めてから、ストレスから解放されました。以前は疲れを感じるとハワイに何週間か旅行したりして、いつもと違った自分になることでストレスを解消したりしていました。わざわざバケーションに出かけなければ味わうことのできなかった気分を、自然に囲まれたここでの生活では毎日体験することができます。

良い日ばかりではありませんが、その中で調和のとれた生活ができていると感じます。ささやかことに感謝の気持ちを持つことができて、地球とのつながり自然とのつながりを再確認できる生活です。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

グリーンハウスドーム

-タイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

タイニーハウスでローンから解放

「自分の行動が周りの人や環境にどんな影響を与えるのか考える」タイニーハウスで無駄ゼロの暮らしをする

タイニーハウスに興味を持つ人の多くは、環境に優しい家づくりというコンセプトに魅力を感じていたり、自分も地球環境のために何か良いことをしたいという気持ちを持っています。 Living Big In A …

「持続することで目標を達成できる」自然由来の素材を使い、約130万円でオフグリッドの家を作ったカップル

マーティンとゾーイのカップルは南オーストラリア・アデレードにアースシップの家を作りました。 Living Big In A Tiny House アースシップとは1970年代から80年代にかけて建築家 …

「屋根とゆっくり眠れる場所があればいい」5,000ドルのタイニーハウスに住む男性

今から20年前、ジェイ・シェイファーは彼の最初のタイニーハウスを作り、そしてそれが一つのきっかけとなって、革新的なアイディアで手に入れやすい価格の様々な家を選択肢に入れる人たちが増えていきました。 ジ …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/