暮らし方

「消費主義の空気は周りへと伝染していく」金融業界を辞め、農場を営む男性

投稿日:

アンドリューは以前の生活で何かが欠けているような虚しい気持ちを抱えていました。大きな都市に住んでいた時、自然に触れるためにはそこから遠く離れなければいけませんでした。

彼は今はニュージーランドでパーマカルチャーの農場を営んでいます。ここでは朝起きて外に出ればすぐそこには自然があります。今はかつての空虚な気持ちはなくなり、大きく満ち足りた気持ちがあります。

アンドリューは以前はオーストラリアで金融関係の仕事につき、日々顧客から預かった何百億ドルものお金を扱っていました。自分の仕事は何か有益なものにつながるものだと考えていましたし、実際に仕事は上手くいっていて土地やその他さまざまなものを買うお金を彼にもたらしてくれました。

でもアンドリューは物質主義の世界に引きずり込まれそうな感じに戸惑っていました。周りにいる人は皆資産を増やしたがっていて、更に次から次へと様々なものを欲しがりました。そしてそんな消費主義、物質主義の空気は周りへと伝染していくものです。

アンドリューのバックグラウンドはそんな人々とは違っていました。彼は保守的な家庭で育ってきたのですが、突然そんな高級車に乗り郊外の高級住宅地に住み物質主義の世界に生きる人々のただ中に引き込まれたのです。彼らは物質主義の世界のシステムに囚われているのです。余分なお金があった方が幸せであり、もっとお金があればもっと幸せになれると信じているのです。

会社で働いている毎日の中では、自分の生活やその他にしなければならないことで忙しく、そこから抜け出すことは難しいものです。アンドリューと妻のベスも物に溢れ次々に何かを手に入れては次の物を探さなければならない生活に囚われそうになっていました。

そこで二人は今までのものと離れようと決めたのです。最初から新しく生活をやり直そうと考えました。

ニュージーランドには過去に何度も訪れていて、新しい生活を始めるのに良いところだと思いました。そこで色々と引っ越すためにリサーチをしていく過程で、この社会や地球は、環境について大局的な問題を抱えていることに気がついたのです。

社会はもっと持続可能なモデルを探さなければいけないと感じました。アンドリューは農園での仕事の他にブログを書き、本も執筆しました。その中で社会の脆弱性の評価と呼ばれるものについて書いたり、コミュニティーグループや自治体と話し合ったりしています。

オイルショックや資源の枯渇などエネルギー問題は以前から提起されていましたが、人間の社会について、個々の分野の区切られた問題ではなく、もっと包括的なアプローチが必要だと考えるようになりました。

その中で、パーマカルチャーというのは一つの答えになると気が付きました。食物、環境とそれに伴うライフスタイル、人々がお互いに対しての、またこの地球に対しての思いやり、天然資源、そういった問題を全体的に解決し社会が前進するために必要な答えを示してくれていると考えています。

アンドリューの現在の生活では、スーパーマーケットに行く必要がありません。今の生活では、いつも気分良く過ごすことができ、自由を感じます。以前のように苦痛を感じることもなく、自分が生き生きしていると感じることが出来ます。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Happen Films

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

パーマカルチャー農場を営む男性

-暮らし方
-,

執筆者:

関連記事

家の本当の姿

家の本当の姿。

先日、静岡で小さな家の設計士をしている黒田さんとお話をしました。 「小さく作って、必要に応じて家を育てる」という家づくり 〜黒田建築設計事務所〜 今回は、黒田さんのブログを見ていて、とても心揺さぶられ …

365日のシンプルライフ

映画「365日のシンプルライフ」の感想 – 必要なモノを選ぼう

「365日のシンプルライフ」という映画をDVDで見たので、その感想です。 365日のシンプルライフとは 2013年にフィンランドで公開された映画です。(監督・脚本・主演:ペトリ・ルーッカイネン、音楽: …

黒田建築設計事務所

「小さく作って、必要に応じて家を育てる」という家づくり 〜黒田建築設計事務所〜

こんにちは。TAKUTAKU編集部の佐藤です。 今回は静岡県で建築設計事務所を営む、黒田さんに話を伺いました。 黒田さんは自宅兼モデルハウスの24坪の家で夫婦と小学生の子どもの家族3人で暮らしています …

消費活動

モノは極力買わない。買うときは環境と人に良いモノを。

「モノは極力買わない。買うときは環境と人に良いモノを。」 最近、大切にしていることです。 過剰な消費活動をすればするほど、環境にとっては良くないし、提供する人(会社)にとっても、どこかで無理をする人が …

ミニマリストへの第一歩

ミニマルな暮らしへの第一歩。30代半ばでリタイアするライフスタイルへ。

フランソワとエミリーは以前からタイニーハウスやコンテナ、アースシップ(自然素材や廃棄物をリサイクルして作る家)などでの生活をしたいと考えていました。 貯金をして土地を買い、そこにタイニーハウスを作って …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集