実際のところリフォームで値下げの交渉はしたほうが良い?値下げできるポイントは?

投稿日:2018年9月19日 更新日:

リフォームはコストが抑えられるため、建て替えるよりも非常に魅力的です。しかし、いくら値段が安く上がると言っても数百万円のレベルの費用になってしまいます。

そこで疑問になるのが、リフォームを依頼する際には価格交渉をしたほうが良いかどうかです。

リフォームで業者が値下げをする部分

リフォーム業者が値引きするのは、主に設置する設備や製品の部分と、工事の部分となります。

設備や製品の部分の値引き

設備や製品は一応の価格が決まっていますが、メーカーから業者に渡る時に、ある程度の掛け率が決まっています。例えば、リフォーム用のドアの希望小売価格が20万円だった場合、メーカーから出る価格は17万円であったりします。

この差額はリフォーム業者の取り分となりますが、リフォーム業者の出来る製品代の値引きは、主にこの部分からの値引きになります。3万円の取り分を2万円に抑えて、1万円の値引きをする…と言った具合です。

工事の部分の値引き

工事の費用は、主に工事の際の部品や資材の代金と、工事担当者への賃金となります。ですから、工事の部分を値引こうとすると、工事に関わる部分の部品代を値引くか、工事担当者への賃金を値引くことになります。

ちなみに、工事に関わる部品代としては、ボルトやネジ、接着剤などがあります。

値下げの交渉は大丈夫?

リフォームは値下げさせることが可能ではありますが、交渉しても良い部分と、良くない部分があります。また、タイミングも意外に大切です。

設備の値下げの交渉は大丈夫?

設備の値下げについては、タイミングにもよりますが、リフォーム業者も友好的に話に乗ってくれる場合が意外にあります。ただし、多くの場合、設置する資材は型落ち品などになりやすいです。値引きの利く資材は、メーカー側にも「値引いてでも売りたい事情」があるのです。

しかし、仮にそのような設備でも、不良品や品質の悪いものではありません。型落ち品とは言っても、メーカーの保証がついています。値引きをさせるならば、設備は最新の機能やデザインで無い場合があります。この部分に納得できるのなら、値引きを交渉して良いでしょう。

工事の値下げの交渉は?

工事の部分の値下げは、少し慎重にすべきです。と言うのも、リフォームの際に設置する設備の機能は、取り付けの精度によっても大きく変わって来るからです。
ところで、工事金額の値引きを要求した場合、どの様なことが起きるか考えてみると、意外に深刻な事態に陥りかねないことに気が付きます。工事が悪くなる可能性が出てくるのです。

工事は部品代と賃金部分になります。部品代を値引くならば、品質の良くない物を使われる可能性も出てきますし、賃金を引くならば、仕事が粗くなる可能性もあります。
工事の費用は、コストダウンの手っ取り早い手段に思えるかも知れませんが、その背後に大きな問題が隠れていることを忘れるべきではありません。

リフォームを依頼するタイミングも大切

リフォームの依頼もタイミングが大切です。リフォーム業者にも仕事が特に欲しい時期がありますし、設備のメーカーも型落ちの商品を売り切ってしまいたいタイミングもあるからです。

狙い目のひとつは決算の時期です。この時期はリフォーム業者もメーカーも売り上げを欲しがりますので、値引きに応じてくれやすいです。次の狙い目は、設備メーカーの新商品の発売時期があります。

ただ、エンドユーザーには、新商品の発売時期は、なかなか分かりにくいかも知れません。しかし、手掛かりが無い訳ではありません。総合カタログを出す時期が手掛かりとなります。…カタログを出すタイミングに合わせて商品開発が行われる場合が多いのです。

まとめ

リフォームは工事の状況によって、出来栄えが違って来るので、工事の部分の値引きを交渉すべきではありません。むしろ製品代の部分でのコストダウンの方がリスクが小さいです。工事を良い物にして、設備を長く使うためにも、どこの部分で値引きが決まるかを気を付けましょう。

↓家の気になるところは相談!↓

-カテゴリー: リフォーム

執筆者:

関連記事

筆界とは

筆界(ひっかい)とは

筆界(ひっかい)とは、登記された土地の境界線のことを指します。 土地の最小単位の範囲を表す「一筆の土地」の境界線を指します。(参考:一筆の土地) 不動産登記法の第百二十三条には下記のように筆界の説明が …

特別用途地区とは

特別用途地区とは?その種類は?

特別用途地区とは 特別用途地区は簡単に説明すると、「定められている用途地域の規制に、新たに制限や緩和を定めることができる地区」のことです。 詳しく見ていきましょう。 特別用途地区は都市計画法第九条に下 …

私道負担とはデメリットは

私道負担とは?私道負担のデメリットは?

目次1 私道負担とは2 私道負担の確認方法3 私道負担について知っておくべき知識3.1 私道負担面積は自由に使える土地ではない3.2 私道負担面積は容積率や建ぺい率の敷地面積に含まれない3.3 私道負 …

地目変更登記とは

地目変更登記とは?申請手続きの方法は?

今回は田んぼや畑を宅地に変えた際などに必要な「地目変更登記」について説明いたします。 目次1 地目変更登記とは2 地目変更登記の手続きの方法2.1 自分で地目変更登記をする場合2.2 土地家屋調査士に …