リフォームはどこに依頼したらいい?リフォーム専門会社・工務店・ハウスメーカーの違いは?

投稿日:2018年9月17日 更新日:

リフォームの広告を見ると、リフォームの前と後を見比べることが出来て、施工の良さに目を見張ることがあります。しかし、その一方で疑問に思えて来るのが、「果たして、広告の様なリフォームが本当に出来るのか?」と言う問題です。
リフォームは主に、リフォーム専門店、工務店、ハウスメーカー等が携わりますが、どこに頼めば良いのでしょうか?

リフォーム専門店・工務店・ハウスメーカーの違いとは?

ここでリフォーム専門店と工務店、そしてハウスメーカーの違いについて触れたいと思います。

リフォーム専門店

言葉の通り、リフォームを専門としている会社です。リフォームに関する専門性に高く、様々な改装に対応します。リフォーム専門店に依頼するメリットには、リフォーム全般をトータルで依頼出来る点があります。

工務店

工務店は様々な工事に対応する、言わば万能型の業者と言えます。住宅の分野では、リフォームだけでなく注文住宅も請け負います。営業形態としては小規模の会社が多いのですが、工事実績は非常に多く、技術的にもレベルが高いです。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは元々が規格タイプの住宅を造るメーカーだったのですが、リフォームの需要が大きくなった背景を受けて参入した会社が多いです。
形態としては、都市部に本社を置き、地方に支店や営業所がある場合が多いです。技術的には本社や工場に技術部門があり、「科学のレベル」から住宅を研究しています。

リフォームはどこに依頼したら良い?

リフォーム専門店、工務店、ハウスメーカー等、リフォーム業者にも様々なタイプがありますが、それではどこに依頼をするのが良いのでしょうか?

工事担当者の技量による部分が大きい

リフォーム専門店、工務店、ハウスメーカー、それぞれが高いノウハウを持っています。

しかし、リフォームにおいては、工事担当者の技量による部分が大きいのが現実です。ですから、どの「業種」に頼むかでは無くて、どの「業者」にするかが大きなウェイトを占めて来ます

例えば、住宅設備は開発段階で様々な項目の計算や試験を行っていますが、それは施工技術者の技量が十分であることを前提とした話です。工事担当者の技量が未熟の場合だと、設備の持つ機能が使えなかったり、早い段階で故障が出て来てしまいます。

リフォーム専門店、工務店、ハウスメーカーの3択の選択も確かにあるのですが、可能な限り現場に出る人の仕事を見るのがおすすめです。そして、具体的には、リフォーム工事の実例のチェックが重要になります。工事を相談する場合は、過去の似たリフォーム事例から教えてもらうのがベターです。

口コミ情報をチェックするのも大切

業者についての口コミ情報をチェックすることも大切で、見積書には現れない「仕事の質」が見えることもあります。また、口コミ情報には業者の対応まで言及されるものがあります。営業マンの対応、サービス体制等、会社の「姿勢」まで見える物もあります。

良くない業者には注意するように

リフォームは工事の受注金額が500万円未満であれば、建設業許可が無くても仕事は可能です。ですから、技術力の低い業者でもリフォーム店を名乗ることが出来ます。
また、手抜き工事を常習的にする業者もいます。リフォームの手抜き工事は、外から見て分からない場合も多いので厄介です。リフォームを依頼する前に、過去の施工例を入念にチェックし、悪い業者には当たらない様にしましょう。

まとめ

リフォームをする場合、リフォーム専門店・工務店・ハウスメーカーの選択はあるのですが、最終的には工事担当者の技量によって決まります。業者検討に当たっては、業種から考えるよりも、業者の持つ施工実績や評判等を参考にするのが良いでしょう。

↓家の気になるところは相談!↓

-カテゴリー: リフォーム

執筆者:

関連記事

no image

土地の一部を分けること(土地の分筆)ってできる?

­大きな土地を持っている親や親戚がいる方の中には「土地を分けてもらうことできないかな?」と考えたことがある人はいるのではないでしょうか? 今日は「土地を分けること」についてお伝えします。 土地を分ける …

法務局と登記所の違い

法務局と登記所の違いは?

登記に関して調べていると「法務局」と「登記所」が出てくることがあります。 法務局と登記所に違いはありません。同じと捉えて頂いて問題ありません。 法務局では、不動産の登記や商業登記などを行っています。不 …

no image

年収400万円の住宅ローン計画。返済期間や選ぶポイントは?

将来はマイホームを持ちたいと考える人の割合が80%といわれる日本で、何歳くらいの人が実際にマイホームの取得に挑戦するのでしょうか? 政府の発表している住宅市場動向調査などの資料によると、住宅購入世代の …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/