ボート・船

「毎日同じことの繰り返し」ボートの上で新たな人生を歩む元リポーター

投稿日:2017年1月4日 更新日:

みなさん、「運河でのボート生活」を知っていますか?

私はこのムービーを見てはじめて知りました。ぜひ見てみてください。

デイビッド・ジョーンズは、イギリスのテレビ局でリポーターとして働いていました。仕事を辞め、家を売り、ナローボート(小さなボート)で運河をめぐる生活を始めました。

ボートでの生活

彼がこの生活を始めたのは自分の人生に倦怠感があったから。47歳。同じ仕事に9年。仕事自体は様々なことができて面白かったけれど、それでも同じことの繰り返しのように感じ、もっと違う人生を歩みたいと考えました。

ナローボートなら予算的に問題ない。国内の河を移動する生活なら年老いた両親とそう離れないですむので、いざという時も面倒を見られる。こう考えたデイビッドは船を買って冒険に出かけることにしました。

ボートでの生活

この生活の大きな魅力は、ボートで暮らす人々の共同体の一員になれたことです。ボートで暮らす人たちはみんな友好的で、親切だと気づきました。時にお茶に招いてもらったり、船を停めておしゃべりを楽しんだり。

船の生活を始めてから、疎外感を感じることはなく、みんなが歓迎してくれました。ほとんどどこでも好きなところに停泊して生活することができます。

家からボートに引っ越すのに苦労はなかったと語るデイビッド。モノを処分するのもそれほど苦労しなかったし、いまは昔のものが全く恋しく思いません。すべて必要なものはボートの中におさまっています

電気もインターネットもつながるので、ほとんど普通の家にいるように暮らせるのです。

ボートでの生活

唯一、普通の家と違うのは、できればメカニックの知識と技術があったほうが良いということです。

もちろん船が故障するなど緊急事態には専門のメカニックを呼んで来てもらえばよいのですが、自分である程度基本的な整備ができるにこしたことはありません。

船での生活に苦労することはほとんどありませんが気を付けるのはロジスティクスです。

クルーズを続けるのであれば、水のタンク、燃料、ガスの残りに気を配り、どこで補給をできるか地図で確認して、計画を立てなければなりません。冬には運河が凍ることもあるのでさらに注意が必要です。

この生活による大きな変化は仕事を辞めたことだとデイビッドは語ります。

いま彼はフリーランスの立場。テレビ局でジャーナリストとして働いていた経験を生かして、動画を撮影・編集して船での生活を世の中の人に伝えたり、ボート雑誌に寄稿したりして収入を得ています

たくさんのお金はかせげませんが、この生活を続けることはできています。

ナローボートを夢見る人へのアドバイスは、時間をかけてリサーチして、休日に船での生活を試してみることです。自分が本当に船で生活できるのか確認してください。もしできるのであれば、それは間違いなく素晴らしいものになるでしょう。


 

ボートでの生活

-ボート・船
-

執筆者:

関連記事

船を作り続ける船長

「まず始めること」小さい頃から船を作り続ける芸術家の船長

エディー・アンディスは芸術家。42フィートの帆船「プテロダクティルス」の船長です。 Dylan Magaster 昔からボートが好きでした。初めて船を作ったのは8歳の時。といってもそれはただ四角い形の …

ヨットで暮らすカップル

「ずいぶん節約できる」セイルボートで暮らすカップル

ヨットで暮らすのがどんなものか分かる動画です。 下記は動画の要約です。 ふたりは、もともとはアパートに住んでいたが、シンプルで自由な生活に憧れ、お金をためて中古のヨットを購入し、ヨットでの生活をはじめ …

セイルボート-シンプルライフ

「小さな生活をするのは自分の考えを持っている人」船の上で暮らす夫婦のストーリー

職を失ってから、船での暮らしを始めたという夫婦のストーリーです。夢にあふれる人生計画がとても素敵です。 ロビンとジェイはカナダで43フィートの船の上で暮らす生活を三年続けています。この船で暮らす前は北 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/