タイニーハウス

妖精が住むような木の家。ロックバンドのドラマーだった男性の静かな暮らし

投稿日:

ワシントン州オリンピアの森の中にまるで魔法使いや妖精が住むような木の家があります。ここに暮らすのはアルバン。かつてロックバンドで名声を築いた彼はここでひっそりと閑静な暮らしを楽しんでいます。

自然に囲まれた環境で育ったアルバンは、自然と一体化するような美しい家を森の中に建てました。以前は街の中に大きな家を建てました。そこで暮らすまでは小さな家に住みたいとは思いませんでした。しかし、実際に暮らしてみるとその大きな家はモンスターのようなものだと気づきました。

室内ではくつをぬぎます。訪れた人の多くが妖精の家だと感じます。アルバンもまたそうです。インテリアには木の枝など自然のものが豊富に取り込まれています。二階は快適なベッドルーム。楽器もここにあります。この家での生活はもう14年になります。

アルバンはビートルズの影響を受けてロックミュージックの世界に入りました。ロックバンドグループ「Love」のドラマーとして活躍します。しかし、アルバン本人は自分の名前が世間に知れ渡ったことをあまり良いこととは受け止めていません。多くの人は名声を望みますが、有名であることに特に良いことはなかったと振り返ります。

バスルームは少し不思議なことにオープンスペースです。森の中に住んでいることもあって、開放的で自然とのつながりを大切にするようになりました。古い見た目が好きなアルバンはシンクも意図的に古いものを選びました。

建築には材料費と人件費をあわせて3万ドルほど。リサイクル材を多く用いています。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

木の家で暮らす男性

-タイニーハウス

執筆者:

関連記事

オフグリッドタイニーハウス

「自分の手でつくる」20万円で作ったトレーラーでオフグリッド生活をする元プロスノーボーダー

マイク・バシッチの暮らすこの移動する家は3週間で建設しました。8×16の約130平方フィートです。 Stories もともと持っていたもので多くが構成されています。サイドの壁は古い住居から持ってきたも …

タイニーハウスに暮らす家族

「家族と一緒の時間をたくさん持てる」子供とタイニーハウスに暮らす家族

マイカとジェイナ、そして子どものサイラスの3人家族。バーミンガムから仕事の都合でここサンフランシスコに引っ越してきて以来タイニーハウスで暮らしています。サンフランシスコで賃貸に住むには大変な費用がかか …

セルフビルドのタイニーハウス

「生活の主導権を自分たちで決める」大草原に建てたタイニーハウス

ザックの家は、タイニーハウス作りのワークショップに協同する形で建設が始められました。ワークショップの題材として自分のタイニーハウス作りとコラボレーションする形をとったのです。 参加者たちは建設する過程 …