タイニーハウス

妖精が住むような木の家。ロックバンドのドラマーだった男性の静かな暮らし

投稿日:

ワシントン州オリンピアの森の中にまるで魔法使いや妖精が住むような木の家があります。ここに暮らすのはアルバン。かつてロックバンドで名声を築いた彼はここでひっそりと閑静な暮らしを楽しんでいます。

自然に囲まれた環境で育ったアルバンは、自然と一体化するような美しい家を森の中に建てました。以前は街の中に大きな家を建てました。そこで暮らすまでは小さな家に住みたいとは思いませんでした。しかし、実際に暮らしてみるとその大きな家はモンスターのようなものだと気づきました。

室内ではくつをぬぎます。訪れた人の多くが妖精の家だと感じます。アルバンもまたそうです。インテリアには木の枝など自然のものが豊富に取り込まれています。二階は快適なベッドルーム。楽器もここにあります。この家での生活はもう14年になります。

アルバンはビートルズの影響を受けてロックミュージックの世界に入りました。ロックバンドグループ「Love」のドラマーとして活躍します。しかし、アルバン本人は自分の名前が世間に知れ渡ったことをあまり良いこととは受け止めていません。多くの人は名声を望みますが、有名であることに特に良いことはなかったと振り返ります。

バスルームは少し不思議なことにオープンスペースです。森の中に住んでいることもあって、開放的で自然とのつながりを大切にするようになりました。古い見た目が好きなアルバンはシンクも意図的に古いものを選びました。

建築には材料費と人件費をあわせて3万ドルほど。リサイクル材を多く用いています。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

木の家で暮らす男性

-タイニーハウス

執筆者:

関連記事

タイニーハウスの階段03

タイニーハウスの階段とはしご事情|デザインと実用性のバランス

タイニーハウスを作るにあたって重要になるのが「どうロフト空間を使うか」ということだと思います。そしてその肝になるのが「はしご」と「階段」です。 これらをどうするかによって部屋の雰囲気も大きく変わってき …

ナチュラルでエコなタイニーハウス

賃貸物件の値上がりをきっかけにタイニーハウス生活へ移ったカップル

カナダのトフィーノ。観光事業の盛り上がりもあり、賃料が大きく値上がりしています。そんな中タイニーハウスで暮らすことで経済的に効率よく暮らしているカップルがいます。 Living Big In A Ti …

雪の中のタイニーハウス

夫婦で住みたい憧れのタイニーハウス|ふたりの想いが詰まった空間

タイニーハウスの大きな窓から差し込む朝日。アラームではなく朝日の光で起きる。そして隣には愛する人がいる。 そんな生活最高ですね。今回は夫婦で住みたいタイニーハウスをご紹介いたします。 目次1 王道デザ …

保護センターにあるタイニーハウス

「独立的な性格なのでこの生活が合っている」動物に囲まれたタイニーハウスで暮らす女性

アメリカ・カリフォルニア州、サンタ・クリタのギボン保護センター。生物学者のガブリエラは、ここに車型のタイニーハウスで暮らしながら働いています。 Living Big In A Tiny House こ …

24000ドルのタイニーハウス

8ヶ月かけ、2万4千ドルで手作りしたタイニーハウス

マークは自分のタイニーハウスを建築や大工仕事の経験ゼロから自分で作りました。完成までに8か月、かかった費用はトレーラーや家の建材、建築中の家を置いておく土地の使用料などトータルで24,000ドル(30 …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集