タイニーハウス

「賃貸料を払う代わりに農場で働く」タイニーハウスに住む、医者とイラストレーターの夫婦と子ども

投稿日:

20平方メートルのタイニーハウスに暮らすのはトム、サラ、そして10か月の娘ニサの3人家族です。ここはもともと羊の毛刈りに使われていた場所です。ベッドルームがあって隣のエル型の部屋がキッチン、ラウンジ、図書、仕事場を兼ねています。ちょっとしたベランダとシャワーもあります。夏にはテントを立てて寝床を増やします。

携帯ネット回線のためのアンテナやソーラーパネルを屋根に設置しています。ガスでお湯をわかしたり、調理したりしています。

赤ちゃんと一緒に小さな家で過ごすことについて多くの人が驚きます。私たちはこのサイズであれば、常に子供が目の届く範囲の距離にいるので良いことだと考えています。

私たちは以前カティカティに住んでていました。トムはそこで医者として働いていました患者と過ごすのに熱心になりすぎて気分がふさぎがちになっていました。そこで自分たちの暮らし方について抜本的に見直すことにしました。以前は3つのベッドルームがある大きな家に住んでいて、その家賃を払うのに必死に働いていました。

ここでの暮らしが健康面で非常に良い選択であったことは明らかです。これはトムにとって規模を縮小することを受容するプロセスでした。それはすんなりといくものではありませんでしたが、今は非常に良い気分です。

それにタイニーハウスで暮らすことはあまり何かを犠牲にしているとは感じません。窓から自然の緑が多く見えるのが気に入っています。私たちは木の下で暮らしています。

私たちは土地の所有者と一種の契約をしています。週3日から4日、農場で野菜を育てたりフェンスを立てたりして働いています医者の仕事はパートタイムです。仕事はこの12か月で4週間でした。経済的にも問題ありません。お金の心配がなくなったのは大きなメリットでした。気持ち的にとても健康になりました。

私たちは今の生き方に自信を持っています。どうやってお金を稼ぐかより、コミュニティのなかで生きていくことについて考えるようになりました。

ナレーション:賃貸料を払う代わりに働くという生活。これは経済レベルに関係なく誰にでもできます。トムは医者、サラはイラストレーターでありながら、今の生活を選びました。そしてこの生活に満足しています。

私はこの生活を望んでいる人が多いだろうと考えています。しかし、ここに行きつくには長い道のりがあるかもしれません。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Happen Films

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

医者とイラストレーターのタイニーハウス生活

-タイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

オフグリッドタイニーハウス

「自分の手でつくる」20万円で作ったトレーラーでオフグリッド生活をする元プロスノーボーダー

マイク・バシッチの暮らすこの移動する家は3週間で建設しました。8×16の約130平方フィートです。 Stories もともと持っていたもので多くが構成されています。サイドの壁は古い住居から持ってきたも …

森の中のキャビン

「自然とのつながりを大事にしたい」人里離れた森の中のキャビンで暮らす男性

ワシントン州オリンピア。人里離れた森の中です。建材を運ぶのも大変で道中には川もあります。ジェイコブはそんな場所に家を建てました。彼はこれまで複数の家を建てていますが、このキャビンが初めて建てた家です。 …

クールな黒のタイニーハウス

超クールな真っ黒のタイニーハウス。家族で住めるサイズ。

タイニーハウスと聞くと「狭い家」と感じる人も多いかもしれません。しかし、それは大きな誤解! タイニーハウスは、「狭い」のではなく、「自分の理想のサイズにできる」という点が一番の魅力です。 今回ご紹介す …

火の見櫓で生活するふたり

「違った生き方があるのではないか」火の見やぐらで暮らすふたり

火の見櫓(ひのみやぐら)に住む2人のストーリーです。デザイン重視の奇抜な家のように思いますが、歴史や建物について調べ、実際にその土地に滞在してから建てられた家という点に驚きました。 ダブニーとアランは …

砂漠のなかのコミュニティドーム

「自分が生きる世界を自分で創造している」砂漠にコミュニティスペースを作る女性

リンドセイ・アンデルセンはワンダードームという名のアーティストのためのコミュニティスペースを建設しています。9~12のワーキングスタジオと、3つのより大きなパフォーマンス用の部屋を作る予定です。 Dy …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集