タイニーハウス

子どもにとってのタイニーハウスとは?

投稿日:2016年11月23日 更新日:

child-tinyhouse

実際のところ、夫婦ふたりでのタイニーハウス生活なら可能だが、子どもができてからのことを考えると躊躇してしまうという方も多いと思います。

そこで今回は子どもとタイニーハウスで暮らすことの魅力と懸念点を、家族の実際の声を踏まえてお伝えいたします。

子どもにとってのタイニーハウスの魅力

自然の中で遊ぶようになる

家の中には十分なスペースがなく、おもちゃやゲームが少ないため、自然と家の外で時間を過ごすようになります。また、自然の中で自分で遊びを見つけるようになります。

家族と一緒にいる時間が増える

同じ部屋、もしくは同じスペースにいるため、家族での話やコミュニケーションをとることが多くなります。学校でのできごとや友達のことなどを話す機会が多くなります。

家が学びの場になる

一緒に過ごす時間が多いことから、家庭内での子どもの教育に時間を取ることができます。野菜を庭で一緒に育てることや、大きくなると自らの小屋を建てるなど、家の環境がそのまま学びに繋がります。

片付けを身につける

タイニーハウスはモノを収納するスペースが少ないため、出したものをまた元の場所に戻す習慣が身につきます。また、モノを大切にする習慣も身につきます。

家族間でのコミュニケーションを必然的にすることになる

たとえ家族間でケンカがあっても、それを放置しておくことはできないため、コミュニケーションをとることで解決しなければなりません

お金を大切なことに使える

モノを持たないため、その分の浮いたお金を子どもとの旅行や、その他の経験など、大切なことに使うことができます。

子どもにとってのタイニーハウスの懸念点

湖畔のタイニーハウス

ひとりの時間が持てない

家族の仲がどれだけ良いといっても、ケンカをすることや、ひとりの時間を持ちたいときもあります。そんなときにタイニーハウスだと家の中に、そのスペースはなく、家の外に行くこととなります。

子どもが成長すると別の小屋が必要になる可能性

小さい頃は良いですが、大きくなると宿題など静かな環境で集中したい場面がよくあります。その時にはタイニーハウスでは適した環境ではないかもしれません。

親が子どもに過保護になりすぎる

子どもが常に身近な目に入るところにいるため、自然と気を遣ってしまいがちです。あえて何も言わないことを心がけることが必要なときもあります。

実際の声

ここではタイニーハウスに実際に住んでいる方(海外)の声を紹介いたします。下記を参考にしています。

“They love everything that has to do with our new lifestyle. Seriously. No exaggeration at all,”

強がりではなく、子どもはタイニーハウスをとても気に入っている。

There’s been no mention of the toys that were lost in the tiny transition or the bedrooms that no longer exist. And, perhaps because of the adventurous nature of their new home, her kids are more eager than ever to help with chores like cleaning, cooking, and gathering firewood.

おもちゃはなくなったけど、洗濯や料理、焚き火での集まりに熱心になっている。

“Living tiny requires people in the home to communicate and not run away from difficulties,”

タイニーハウスに住むことはコミュニケーションをとる必要があり、困難から逃げることはできない

“That’s not to say we don’t still have family clashes from time to time. It just means that when that happens we have a framework to move through it.”

家族間での衝突がないというわけではない。困難を解決する枠組みが決まっている。

※この家族は家族のタイニーハウスとはまた別に小屋を持っていて、逃げ出したいときや宿題するとき、仲間と集まる時はそこに行くという。

Living in a tiny house with kids requires an extraordinary amount of creativity, patience, flexibility, and organization

子どもとタイニーハウスで住むには想像力、忍耐力、柔軟性、管理能力が必要

Everything has a place, and at the end of the day, all items go back to their place

すべてのものの場所が決まっていて、1日の終りにはそこに戻される。

We have a lot of together-time. This has led to an incredibly strong connection between our two children, and an ease of interacting as a family

一緒に過ごす時間が多い。そしてそのことがふたりの子どもとの強い絆に結びついている。

they opt to spend the majority of their free time engaging with the natural world

自然の中で多くの時間を過ごすようになる。

Living in such a small space has encouraged downsizing. We say no to STUFF as often as possible, preferring to spend our money on experiences like traveling with our kids

タイニーハウスに住むことが持ち物の削減につながっている。できる限りものを持たないようにしているので、その分のお金を旅行などの経験に使うようにしている。

When someone in our family needs alone time, we hope there is nice weather outside! There is very little indoor space to get away.

一人の時間を持ちたくなったときは、良い天気であることを願う。室内には一人になれるスペースはない。

A disadvantage of having a small family is that parents are sometimes overprotective and overly attentive, not really letting their child explore or play at times.

欠点は、親がときに子どもに注意を払いすぎること。

まとめ

子どもにとってのタイニーハウスでの生活は良いことばかりではありません。子どもの成長に応じて考えるべき懸念点も出てきます。

しかし、子どもの探究心や、子どもと一緒に過ごせる時間など、かけがえのないものをタイニーハウスでの生活によって感じることができます。

この記事が子供とのタイニーハウス生活の少しでも参考になれば幸いです。

-タイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

タイニーハウスをデザインする

「この家でどんな生活をするのか考えてデザインする」友人宅の裏庭のタイニーハウス

ケスターとナディアはオーストラリアのバイロンベイで、ゼン(禅)スタイルのタイニーハウスを作りました。 Living Big In A Tiny House 以前は二人は普通の大きな家に住み、その家を友 …

火の見櫓で生活するふたり

「違った生き方があるのではないか」火の見やぐらで暮らすふたり

火の見櫓(ひのみやぐら)に住む2人のストーリーです。デザイン重視の奇抜な家のように思いますが、歴史や建物について調べ、実際にその土地に滞在してから建てられた家という点に驚きました。 ダブニーとアランは …

保護センターにあるタイニーハウス

「独立的な性格なのでこの生活が合っている」動物に囲まれたタイニーハウスで暮らす女性

アメリカ・カリフォルニア州、サンタ・クリタのギボン保護センター。生物学者のガブリエラは、ここに車型のタイニーハウスで暮らしながら働いています。 Living Big In A Tiny House こ …

アースバッグハウス

「幅広い家の選択肢を紹介する」アースバッグで建てたドームハウス

アースバッグ(Earth Bag)という工法では、砂や土を長い管状の土嚢袋に詰め、それを壁状に積み上げて家を作っていきます。屋根をつけて、家の形ができあがったら、漆喰などを内側と外側に塗って仕上げます …

大きな家を捨てる

大きな家を捨ててタイニーハウスに住むという選択

タイニーハウスに住む方々の中には、大きな家に暮らしていながら、ある時タイニーハウスで暮らすことを選択した方々もいます。 その方々のタイニーハウスへ移った理由と生活をご紹介したします。 目次1 大きな家 …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集