みんなのタイニーハウス

プロのバイオリニストが暮らす防音のタイニーハウス

投稿日:

アーシャはプロのバイオリニストとして全米を飛び回ってパフォーマンスをしており、ここ10年はスーツケースを持って物置のようなスペースで寝たり、知人の家に泊めてもらったりしていて自分の家と呼べる場所を持っていませんでした。

ツアーが終わった時に帰って安らぎや落ち着きを感じられる場所を得たいと思った彼女は、家を持つ決意をし、独身であまり多くの物を持たない自分のライフスタイルにはタイニーハウスのコンセプトが一番合っているのではないかと思いました。

アーシャのタイニーハウスの大きな特徴の一つは、家の正面に大きなポーチを付けたことです。

タイニーハウスの室内の面積よりも広いポーチで、地域の人を招いて音楽のイベントを開催したりしてコミュニケーションを取っていきたいと考えたので、一般的なタイニーハウスのような家の裏手には敢えてつけずに、家の正面で通りに面したところにつけました。

もう一つは、アーシャのタイニーハウスは二つの建物から成り立っていることです。

キッチンやバスルームなど毎日の生活を送るための母屋と、バイオリンの練習をしたり、ミニコンサートを開催したりできるようなスタジオが別々の建物になっており、スタジオはきちんと防音されているので音量を気にせずに自分の音楽に集中することができます。

母屋の方は地面に基礎を作ってその上に建てているので動かすことはできませんが、スタジオの建物はトレーラーとしてそのままロードトリップに出ることもできます。

また、多くのタイニーハウスが家の裏庭や森の中などに建っているのと違って、彼女のタイニーハウスは通りに面した角地にあります。アーシャの兄弟がこの土地を持っていたので、この場所を気に入った彼女はここにタイニーハウスを建てさせてもらうことができました。

彼女のタイニーハウスには、フルサイズの冷蔵庫に洗濯乾燥機やシャワールーム、普通の水洗トイレなど一般的な家と変わらない設備がついています。

ベッドルームになっているロフト部分に上るためには梯子ではなく階段が付けられています。そのため、普通の家よりは小さな面積の家ですが、タイニーハウスでよく心配される狭さを感じるという問題はありません。

標準的なタイニーハウスよりも家電やインテリアを充実させているので、全体で90,000ドルほどかかりましたが、この家の出来栄えにとても満足しています。

人それぞれに違ったライフスタイルがあるので、全ての人におすすめできるわけではありませんが、彼女はこのタイニーハウスでの生活によって、今までになかった安らぎを得ています。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

-みんなのタイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

「消費するばかりの現代の生活に疑問」丸太キャビンでオフグリッドライフを送る夫婦

ダグとステイシーはアメリカ・ミズーリで開拓時代の農場のライフスタイルを実践しています。 Living Big In A Tiny House 7年ほど前までは都市部で生活していましたが、日々の忙しさや …

フローティングタイニーハウス

「完全な自給自足のオフグリッド生活を作る」水上のタイニーハウスで暮らす夫婦

クリスとカリーナ夫妻はニュージーランド、オークランドの都会での生活にストレスを感じており、長年もっと静かなところに引っ越すことを夢見てきました。 そしてある時、郊外に土地を買ってそこを自分たちの手で整 …

保護センターにあるタイニーハウス

「独立的な性格なのでこの生活が合っている」動物に囲まれたタイニーハウスで暮らす女性

アメリカ・カリフォルニア州、サンタ・クリタのギボン保護センター。生物学者のガブリエラは、ここに車型のタイニーハウスで暮らしながら働いています。 Living Big In A Tiny House こ …

タイニーハウスの間取り

1LDKのタイニーハウスの間取りで家のイメージ作り

タイニーハウスを建てたいと思ったらまずはイメージ作り。家族構成や、生活で重要な要素は何か、将来どうするかなど、様々な要素を考えてイメージを固めていきましょう。 今回はイメージ作りの参考になる、間取りに …