土地家屋調査士とは?仕事内容は?

投稿日:2017年1月20日 更新日:

土地家屋調査士とは

登記について調べていると「土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)」という言葉に出会うことがあると思います。

今回は土地家屋調査士について説明をしていきます。

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士は一言で言うと「不動産と測量に関する専門家」です。

不動産の「表示に関する登記」を中心に、それに関連する仕事を行います。

土地家屋調査士の仕事内容

土地家屋調査士の仕事内容は倫理規定には下記のように記されています。

土地家屋調査士は、不動産の表示に関する登記に必要な調査・測量及び申請手続等並びに筆界特定の手続及び民間紛争解決手続の専門家として、これらの業務を適正に行うことにより、不動産に係る国民の権利の明確化に寄与することを使命とする。

分かりやすく噛み砕くと下記のような仕事内容になります。

土地・建物に関する調査、測量

土地家屋調査士は土地・建物の状況を正確に登記するための調査・測量を行います。
地積測量図や筆界を確認し、現地の測量を行います。

登記の申請手続きの代行

不動産の所有者から依頼のあった場合に、不動産の表示に関する登記の申請手続きの代行をします。

土地の境界を定める手続きの代行

「土地の一筆ごとの境界」を決定する手続きを行います。

不動産の所有者から依頼のあった場合に、「筆界特定制度」というものを使用し、専門家の意見を踏まえ、土地の境界を明らかにします。

土地の境界を原因とするトラブルの解決

土地の境界に関するトラブルを始めとした、土地・建物にまつわるトラブルの解決を担当します。

土地家屋調査士の仕事内容まとめ

上記でピックアップした土地家屋調査士の仕事の説明は分かりやすく伝えるため、省略している部分があります。

土地家屋調査士の仕事については「土地家屋調査士法の第三条」にまとめられています。詳細を知りたい方は「土地家屋調査士法」をご確認ください。

また、登記の際には、土地家屋調査士と一緒に「司法書士」の言葉も耳にすると思います。両者の仕事内容の違いは「土地家屋調査士と司法書士の違いは?」にて説明をしています。

-カテゴリー: 登記

執筆者:

関連記事

表題登記と表示登記の違い

表題登記と表示登記の違いはなに?

表題登記と表示登記の意味に違いはありません。 同じ意味として捉えて頂いて問題ございません。 家を新築した場合などには、1ヶ月以内に表題登記(表示登記)をする必要があります。登記をしないと様々なデメリッ …

高層住居誘導地区とは

高層住居誘導地区とは?

高層住居誘導地区とは 高層住居誘導地区とは「高層住宅の建設を促進するために特定の条件下の地域で容積率・建ぺい率・敷地面積を定められる地区」のことです。 都市計画の地域地区の中の「補助的地域地区」のひと …

ハウスメーカーの値下げ交渉は可能?

ハウスメーカーや工務店で値下げ交渉は可能?値引きできるポイントは?

結論から言うと、「値下げ交渉は可能」です。 今回は値下げしやすいポイントをご紹介していきます。 目次1 値下げ交渉できるポイント1.1 複数社の見積りを比較して値下げポイントを探そう1.2 削れる部分 …

特定用途制限地区とは

特定用途制限地域とは?

特定用途制限地域とは? 特定用途制限地域は「用途地域の定められていない地域で規制を指定できる地域」のことです。 都市計画法第九条には下記のように定義されています。 用途地域が定められていない土地の区域 …