不動産登記簿とは?何が書かれているの?サンプルあり

投稿日:

不動産登記簿とは

不動産登記簿についてを解説していきます。

不動産登記簿とは

不動産登記簿とは不動産の所有者(住所・氏名)や土地・建物の状況を記したものです。

不動産登記簿によって、所有者や土地・建物の状況が登録され、第三者に主張できるものとなります。

不動産登記簿のサンプル

不動産登記簿は下記のような情報が記されています。(法務局より)

不動産登記簿-サンプル

不動産登記簿に書かれていること

不動産登記簿は表題部・権利部(甲区)・権利部(乙区)の3つに分かれています。
それぞれ見ていきましょう。

表題部

土地か建物かによって少し内容が異なります。

土地の場合

所在、地番、地目(土地の現況)、地積(土地の面積)が記されています。

建物の場合

所在、地番、家屋番号、種類、構造、床面積などが記されています。

例)
種類:居宅
構造:木造かわらぶき2階建
床面積:1階85m2 / 2階85m2

権利部(甲区)

甲区には「所有権に関する事項」が記されています。不動産登記簿の中でもとても重要な部分です。

項目には「順位番号」「登記の目的」「受付年月日・受付番号」「原因」「権利者その他の事項」があります。

権利部(乙区)

乙区には「所有権以外の権利に関する事項」が記されています。

項目には「順位番号」「登記の目的」「受付年月日・受付番号」「原因」「権利者その他の事項」があります。

所有権以外の権利に関する事項には、借地権、地上権、賃借権、永小作権、使用貸借による使用権、質権、先取特権、抵当権、留置権、地役権などがあります。

-カテゴリー: 登記

執筆者:

関連記事

ロフトは床面積に含まれますか

ロフトは床面積に含まれますか?

ロフトは床面積に含まれますか? ロフトが床面積に含まれるかどうかは、ロフトの構造によって変わってきます。 一定の条件を満たす場合には、「階」としてではなく、「小屋裏物置」とみなされるため、床面積には含 …

no image

非線引き区域に家の建築はできる?

非線引き区域に住宅の建築は可能か? 非線引き区域に住宅(家)の建築は可能です。市街化調整区域と異なり、非線引き区域は一般の人でも建物の建築は可能です。 ただし、「用途の定められている地域」とそうでない …

物置や車庫は床面積に含まれるか

物置や車庫やカーポートは床面積に含まれますか?

目次1 建築物に該当する場合、床面積に含まれる1.1 建築物の考え方1.2 人が入らない物置は建築物にあたらない2 物置や車庫やカーポートも確認申請が必要?3 建築物を建築する場合には相談するのが吉4 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/