バン

「立ち止まって考えすぎない」自由に旅をする生活へのシフトをしたカップル

投稿日:

エミリーとコリーのカップルはフォルクスワーゲンのウェストファリアキャンパーのバンで旅をしながら生活しています。

二人はもう5年もバンでの生活を続けています。二人はただシンプルなライフスタイルに触発されたのです。

サーフィンがしたい時は海のあるところまで行き、大自然に触れ、テクノロジーとは少し距離を置いた生活です。そんなライフスタイルが実現できるかどうか、最初は実験みたいなものでした。

この生活を始めた当時エミリーはウェブデベロッパーの仕事をしていたので、旅をしながらでも生活を支える収入を得られる見通しはありました。デジタルノマドとしてインターネットに繋がり9時-5時の仕事をしつつ、自由に旅をする生活ができないかどうかやってみようと思ったのです。

ラップトップPCと一緒に旅をする生活は最初の3年は頻繁にインターネットに繋がって仕事の連絡をとらなければならず、ほとんど常に仕事を意識する生活でした。いつでもクライアントからの連絡に答えられるようにしなければならなかったからです。

そこからゆっくりと、旅の重点を置く生活へとシフトしていきました。二人とも必死で働き、少しお金に余裕ができるようになり、仕事とその他の生活を少し分けて考えても大丈夫なようになったのです。

旅に出たいと考えている人に、二人は、あなたがやりたいと思っていることはすべて可能なことだと言っています。そのことを誰も気にしないし、ただ、同時に保証もありません。何でもできるけれど、好きなことをする責任は引き受けなければいけません。

待っているだけは何も変わらないのです。新しい生活を始めるのに、どこにもテンプレートもルールブックもありません。だからそこに踏み出してみたら多くの自由や楽しみが得られるでしょう。でもその代わり、心構えをしっかりしてそのために一生懸命になることが必要です。

彼らは、他でもない自分自身のためにこのライフスタイルを作り上げました。だから同じような理想のライフスタイルを考えている他の人には、ただ積極的になって一歩踏み出したら良いと語っています。

そして、立ち止まって考えすぎないことです。人間は考えていると疑問が次々に頭の中に沸き起こってしまう生き物です。あなたのビジョンをしっかり持って、動き続けることが大事なことです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

デジタルノマドのバンライフ

-バン
-

執筆者:

関連記事

元億万長者のバンライフ

「昔は笑顔でなかった」バンライフへ移った元億万長者

お金持ちの生活から、交通事故を転機に生活を変えた方のストーリーです。 「昔の私の写真は笑顔ではありませんでしたが、いまはいつも笑顔」という言葉が印象的です。 マージはブラジル育ちのシリア人。14歳のと …

教師のバンライフ

「人生における優先順位を見直すべき」バンで暮らしながら教師として働く2人の女性

レイシーとブリは教師としてフルタイムの仕事をしています。これまでの人生で、学校を卒業し、仕事につき、生活を安定させるというステップまでクリアすることが出来た二人は、次の目標をどんなことにすべきかと考え …

タイニーハウスで旅するカップル

「自分で決めた選択肢の中から人生を選ぶ」年に2カ月半漁業で稼ぎ、残りは旅するカップル

コタとアンジェラのカップルは、イギーと名付けたトラックのタイニーハウスで旅をしながら生活しています。 Dylan Magaster コタはもともと旅が好きで、仕事であったり、趣味のクライミングであった …