タイニーハウス

「家のために働いているのではない」タイニーハウスで旅をしながら暮らす女性

投稿日:

タイニーハウスで暮らすジェナ。4年前当時の仕事をやめ映像制作の学校へ通い、ハリウッドのスタジオで働くことに。しかし、その仕事にも行き詰まりを感じるようになりました。

学資ローンもあったので、当時の彼氏と共に、もっとミニマリスト的な生活を志すようになります。そして貯金をもとに彼とタイニーハウスを建て一年間の旅に出ました。アラスカからフロリダまでの旅で、フォトジャーナリズムやブログを行いました。

今はここオレゴンで暮らしています。2年ここで生活しており、木材をつかった家も経年と共に姿を少しずつ変化させています。プロパンガスや、水のタンクなどオフグリッドの生活で学んだ経験を生かして設備を調えています。中にはプロジェクターがあって映画鑑賞ができます。

リビングは仕事場でもあります。現在の仕事はこの家で行っています。リビングは机と椅子を出せば最大6人ここで食事ができます。お皿をそんなにたくさん持っていないので、食器が少なくてすむチリ料理のパーティです。鍋ひとつにそれぞれの取り皿がひとつですみますから。

ここのソファは予備のベッドにもなります。家の建材には多くのリサイクル材が利用されています。

うちのクローゼットは女性にしては小さいかもしれません。それでもたくさんの衣服があると思っています。服飾品にはそれぞれ思い出があります。旅好きなので各地で手に入れたものが多いです。今着ているのはペルー、ネックレスはアラスカのものです。シャツに描かれているのはフッド山(翻訳者注:アメリカオレゴン州最高峰の火山)です。

ブレスレットは台湾とエルサルバドルで得たものです。それぞれに思い入れがあります。

キッチンのコンロなどがある調理台は仕上げにこだわりました。ぶ厚めの木材を使っています。

コンポストトイレにシャワーもあります。シャワーのサイズは24:32。標準サイズが32:32なので少し小さめです。バスタブもありますが大体いつも犬がその場所におさまっています。

犬の名前はソリス。タイニーハウスでの生活はいつも彼女と一緒です。寝室は日本式の布団。5つの窓があります。エアコン要らずです。窓を開ければ屋根の上に上がることもできます。

もしこれからタイニーハウスを建てたい人は多くのリソースがあります。私が建てた頃はここまで情報がありませんでした。今ご覧になっているような素晴らしいYouTubeチャンネルもあります。

ワークショップに通うのもおすすめです。私も全く経験がなかったのでワークショップで多くのことを学びました。タイニーハウスを建てた後はそこで講師として雇ってもらい指導もしています。

私は旅好きで、少なくとも年三か月は旅にでて5か国は訪れます。タイニーハウスはこれで移動もできるし、日々の生活費を抑えて貯金するのにも向いています。死ぬまでにすべての国を訪れることが目標です。

この家は私の生活と情熱を手助けしてくれるものです。私が家のために働いているのではなく、家が私のために機能してくれています。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

セルフビルドのタイニーハウス

-タイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

近代的な家

近代的すぎてタイニーを超越してる家|家はこんなにも自由なのか

今回は間取りはタイニーだけど、タイニーハウスという次元ではない家をご紹介いたします。 近代的過ぎる家の全貌とは… http://www.livingbiginatinyhouse.com/ この家、外 …

オフグリッドタイニーハウス

「自分の手でつくる」20万円で作ったトレーラーでオフグリッド生活をする元プロスノーボーダー

マイク・バシッチの暮らすこの移動する家は3週間で建設しました。8×16の約130平方フィートです。 Stories もともと持っていたもので多くが構成されています。サイドの壁は古い住居から持ってきたも …

絵本の中のようなタイニーハウス

絵本の中のようなタイニーハウス。費用はおよそ7,500ドル。

森の中にあるキャビン。まるで絵本の中から出てきたような魅惑的なタイニーハウスです。 Living Big In A Tiny House この家を建てたのはジェイコブ。建築物というよりアートの領域かも …

タイニーハウスに住む女性

「都会の賃貸料に嫌気がさした」犬や馬とタイニーハウスで生活する女性

ジャッキーは学校を卒業したばかり。いまはカウントリーサイドの小さな家で暮らしています。同居するのはこれまた小さい犬のダーラ。 Living Big In A Tiny House 持続可能性や環境への …

保護センターにあるタイニーハウス

「独立的な性格なのでこの生活が合っている」動物に囲まれたタイニーハウスで暮らす女性

アメリカ・カリフォルニア州、サンタ・クリタのギボン保護センター。生物学者のガブリエラは、ここに車型のタイニーハウスで暮らしながら働いています。 Living Big In A Tiny House こ …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集