タイニーハウス

「小さな行動が大きな変化になる」元消防車のタイニーハウスで暮らすプロスノーボーダー

投稿日:

オースティン・スミスはプロのスノーボーダー消防車をタイニーハウスに改修してバチェラー山で暮らしています

個性的すぎるし、注目をひきすぎる。なにもかもがオーバーだけれど兄弟が買ってくれて自分のものになりました。

これまで車に乗って駐車場で生活したことはないです。うまくいくかもわかりませんでした。大みそかに完成してそれから6週間生活しています。めちゃくちゃ寒くて最初の1週間なんてマイナス5度でした。

スノーボードに乗り始めたのが12歳。プロとして活動を始めたのが17,8歳のころでした。ここ10年はスノーボードと旅の生活です。崖から飛び降りたり、映像や雑誌の取材を受けたりといったことをしていました。ノンストップの活動で常に旅をするかケガをするかという人生でした。

こういったライフスタイルを変えてみようと思い、今の生活をはじめました。つまり旅をやめてじっと動かずに生活するために車の上に家を建てたんです。

サイドにつけてる梯子はアクセサリーのようにも見えるけれど、屋根にのぼって除雪するためにつかっています。ソーラーパネルにつもった雪をはらう作業をほとんど毎日しています。ここで生活を始めてまだ1月、2月。太陽光は少ないですが生活に必要な電力を切らしたことはありません。オフグリッドの生活ができてるので良い感じですね。

スノーボードは6つ。大きいのに中ぐらいの、小さいのがあって他のもとにかくスノーボードです。

この車の玄関を気に入っています。普段はここに椅子を出して腰かけています。スノーボードのワックスがけができるような台もあります。手すりもファンシーで良い。

家の中で最高なのはストーブ。木をくべることで家の中が暖まり快適に過ごせます。そのうえで野菜を焼いたり蒸したり調理しています。スノーブーツを天井につるせるようにしています。効率よく乾かせるし、出かける前に少し温めることもできます。

ソファはゲスト用ベッドにもなる。自分のベッドは上。快適だけど快適すぎることもない。ここに長居することはありません。

たくさんの窓に収納スペース、おりたたみ式のダイニングテーブルがあります。フルーツバスケットも。フルーツバスケットって馬鹿げてるし、まあ馬鹿げたものなんだけど、バナナとかアボカドを載せたら彩りがあって良いよね。まあ、何もないんだけど。

キッチンのカウンタートップやテーブルはペイパーストーンというリサイクル材で出来ています。丈夫で安くてファンシーです。

消火器もおいています。以前あやうくこの家が焼け落ちるところでした。黒い焦げ跡があります。私が外出中に燃えていて親切な近所の人が消してくれました。たぶんストーブの灰が段ボールに落ちて出火したんだと思います。

ヒマラヤスーツというもの。ふざけたものだけど実際素晴らしいです。彼のことをバーニーと呼んでいます。ブランケットにくるまって僕のすぐとなりで寝るんです。あったかい。朝になったらバーニーのなかに入ってストーブをつける。そして日課の除雪作業を行います。

この手のキャンピングカーのようなものを手に入れようと考えている人は試行錯誤しながら改善していってください。ストーブを導入したのは最高の判断でした。少しずつ必要なものが分かって手を加えることで完璧なものに近づきます。左にあったものを右に変えたり、ちょっとしたことをしてみてください。小さな行動でも、小さな家ではそれは大きな変化になります。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

元消防車のタイニーハウスで暮らすプロスノーボーダー

-タイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

太平洋を望む個性的なタイニーハウス

太平洋を望む、個性的なタイニーハウス。好きな場所でよりシンプルな暮らし。

信じられないような家を見つけました。太平洋を一望できる丘の上のロケーションにある家。 自然と共に生活するシンプルなライフスタイル。自分の好きなことに囲まれて暮らす生活です。 外観も室内もとても特徴のあ …

リサイクルハウス

「傷や欠陥は素晴らしいもの」90%がリサイクルの家を作る男性

地元のリサイクル業者に頼まれたオフィスは90%がリサイクル、自分の家は80%がリサイクルという建物を作る男性のストーリーです。考え方に感銘を受けます。 「靴のような家を建てたいと思っていました」と語る …

クールな黒のタイニーハウス

超クールな真っ黒のタイニーハウス。家族で住めるサイズ。

タイニーハウスと聞くと「狭い家」と感じる人も多いかもしれません。しかし、それは大きな誤解! タイニーハウスは、「狭い」のではなく、「自分の理想のサイズにできる」という点が一番の魅力です。 今回ご紹介す …

持続可能なタイニーハウス

「みんなで助け合い、資源をシェアしながら生活」1万6千ドルでタイニーハウスを建てたカップル

ブリティッシュコロンビア州のネルソン。サステイナブルな共同体のなかで暮らすカップルがいます。ソフィーとカルロはとてもカラフルなタイニーハウスに住んでいます。 Living Big In A Tiny …

ガラスドームエコハウス

北極圏のガラスドームエコハウス。地球を汚さない家。

私たちは世界に数多くある自然の建物にインスパイアを受けました。この星のことを守り支え、そして愛している私たちにとって関心のあるものです。 Barcroft TV 持続可能な生き方のためにベンジャミンと …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集