働き方

「失敗が最大の親友」ホテルマンから動画で収入を得る”旅人”への転身

投稿日:2017年5月10日 更新日:

エルリックは今世界を旅しながら、その様子の動画を上げることで収入を得て生活しています。

4年前に大学を卒業。何をすればいいか分からず職を転々としました。それでも常にクリエイティブな分野で活躍したいと考えていました。ニューヨークはそういった分野で成功できる可能性を秘めた場所でした。

小さなアパートで彼女と二人暮らし。ネズミやゴキブリがいて、隣人は大声をあげてうるさかったです。

俳優事務所、モデル事務所などで働き、最終的にホテル業界に行きつきこれが旅する生活へとつながることになります。

ホテルでは非常に多くの人と短期間の付き合いを持つことになります。世界中から人が集まりそれぞれに物語があります。その生活の中でYouTubeに旅動画を上げて収入を得ている人たちを見つけました。

刺激を受け自分にもできるのではないかと考えました。自分で動画を撮影して世界に向けて発信する。何かしら自分の切り口で、情報だったりエンターテインメントだったりを届けることを考えました。旅を通じて自分の見た世界をシェアすることにしました。

ホテルで働いていた時は朝5時に起床。6時半に仕事へ出かけて午後二時まで働く。そのあとはごく平凡なニューヨークでの生活を撮影しました。夜中の10時から深夜2時くらいは動画の編集です。そんな生活を8か月続けて、チャレンジするためにホテルを辞めました。

たくさんの失敗をしましたが、失敗が最大の親友であることに気づきました。様々な教訓を残してくれます。現状より改善を目指します。昨日より少しでも良くなっていればそれは成功です。小さなことを時間をかけて積み上げていきます。

夢を実現できていない人は自分を信じてください。何度も多くの人が言ってきた言葉ではありますが、人生でやりたいことがあるならいまやるべきです。なぜなら時間は過ぎていきます。何をしてもしなくても時間は過ぎます。それなら行動して何かを起こしてください。積極的にやったことは絶対自分に何か返ってくるものだと信じています。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

ホテルマンから旅人へ

-働き方
-

執筆者:

関連記事

放浪書房-タイムアドベンチャーレコード

放浪書房の小商い 〜タイムアドベンチャーレコード〜

本の人力移動販売を行う「放浪書房」は関連する小商いを複数行うことで稼ぎを作っています。それらの小商いについて知ると、今の放浪書房の状況や、放浪書房の想いの部分が伝わると思います。 第1回:旅する本屋「 …

放浪書房

旅する本屋「放浪書房」〜革のトランクを1個買って始めた〜

Photo by 放浪書房 旅をしながら、旅先で仕入れた本を売り歩く。”人力移動型”の一風変わった本屋「放浪書房」を行う富永さん(通称:とみーさん)にお話を伺いました。 現在連 …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集