バン

「人は調和のとれた存在」Free Tea(無料のお茶)プロジェクトをバンで行う男性

投稿日:

ジュゼッペが10年生活しているタイニーハウスはバスを改装したものですが、彼のタイニーハウスは無料のお茶を訪れた人に提供する空間でもあります。

ジュゼッペは子どものころ、家族と一緒に外国を旅していました。彼はトラベリングスクール(Traveling high school、例:https://thinkglobalschool.org/のように、学校のカリキュラムに旅行が含まれており、色々な場所を旅してそこで得られる経験から得られる経験から学ぶという方針の学校)に行き、国内外の様々なところを旅しました。

18歳になるとすぐ、彼ははじめて貨物列車に飛び乗って旅をしました。トラックで生活をしたり、10年間列車に乗ったりヒッチハイクをしたりという生活をして、その次に現在のバスでの生活を始めました。

貨物列車やヒッチハイクで旅をしながらの生活は大きな自由に満ちていました。でも現在の、乗り物に乗っての生活は自由をちゃんと維持しながら、以前よりも身の安全がちゃんと確保できるようになりました。列車やヒッチハイクには自由がありますが危険もあります。

このバスを10年前に買い、リサイクルの材料を主に使ってDIYで改装しました。作業には長い時間がかかりましたが、DIYのスキルがなかった彼を友人やコミュニティの人たちが助けてくれました。この経験も大事な学びのプロセスとなりました。

ジュゼッペのバスを訪れる人が最初に目にするものは「Free Tea」(無料のお茶)と書かれたボードです。彼の育ったコミュニティでは、ギブアンドテイクの大事さを教えられてきました。人々はお互いに何かをし合うということが大切です。

彼はこのバスでお茶を振舞いますが、お金では買えない人と人との真の相互作用の経験を提供したいと、お金でのチップや寄付などは受け取っていませんでした。

それでも彼にお金を払おうとする人はたくさんいるので、そこで彼はバスの中に「Gift and Take」(ギフトアンドテイク)というコーナーを設けました。

そこにはお金やささやかなギフトなどを入れる引き出しがあり、誰もが何かを入れてもいいし、何もしなくてもいいし、無料のお茶を飲んで更に中のお金ももらって帰ってもいいのです。このコーナーを始めた目的は人々に自分の行動に責任をもつという意識を広めたかったからでした。始めてから9年経ちますが、お金の入っている引き出しが空になったのは本当にお金が必要だった一人の人がもらっていった、その一度だけでした。

彼はこれを人間性について改めて考えることのできる面白い取り組みだと考えています。ジュゼッペにとって最も価値のあるものは人と人との関係や絆です。人々の間にたくさんの結びつきができてそれが強くなったとき、社会の弾力性というものもまた増すのだと考えています。

彼はこのタイニーハウスでの「Free Tea」をたくさんの人とシェアすることよって、人々がもっとお互いに働きかけ助け合う世界が実現できるようになりたいと考えています。生活の中の基本的なニーズが満たされていれば、人というのは生来自己中心的なものではなくもっと調和のとれた存在であると信じているからです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

free teaプロジェクト

-バン
-

執筆者:

関連記事

タイニーハウスで旅する女性

「一歩踏み出せば自然とあるべき場所に落ち着く」DIYバンで7年間旅を続ける女性(と犬)

アンナは一匹の犬と一緒に、DIYで改装したバンで旅をする生活を送っています。7年もの間旅を続け、5つの大陸での生活を経験しました。 Dylan Magaster 外国の様々な文化、特に医療制度の違いに …

バンで生活しながらクライミングをする女性

「次の冒険のために貯金」バンで暮らしながら旅とクライミングを楽しむ女性

ごみ収集所のごみ箱をあさるレナエ。賞味期限切れなどを理由に廃棄された食べ物を探しています。「人間には動物的な勘が備わっています。食べて大丈夫かどうかは臭いや見た目など本能的に判断できます」 Dylan …

バンで旅する電気工事士

「サーフィンに没頭する時間を作る」バンで旅しながら働く電気工事士

ジョニーがバンでの生活を始めてから1年半ほどになります。この生活を始めようと思った主な理由は、家賃の高さと趣味に集中したいということでした。 Living Big In A Tiny House 家を …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

スモールビジネス
\フォローいただけると嬉しいです/