バン

「地球は私たちに属しているわけではない」耳の聞こえない女性のバンライフ

投稿日:2017年5月29日 更新日:

耳の聞こえない女性モニカ。この動画では彼女の人生についてシェアしてくれます。手話通訳はカーリーです。

高校を卒業してからワシントンDCに引っ越して大学へ通いました。聴覚障碍者のための世界で唯一の大学です。学生、教授、すべてのスタッフが手話を使います。

大学を卒業後、様々な仕事に就きました。9時から17時までの仕事です。ですがそれは私のしたいこととは異なっていて満足できませんでした。

私は1970フォルクスワーゲン バグを持っていました。私はノウハウがありませんでしたが、旅行好きでバンに詳しい父に助言をもらい、座席をとりはらいベッドをつくることにしました。そこからこの生活が始まりました。

いま乗っているベルーギと出会いました。ベジタブルオイルを使って走ることができます。ベッドはベンチになるようになっています。その下は収納スペースになっています。運転席は回転させることができます。

上にも二人分の就寝スペースがあります。頑張れば下に3人寝られるので、バーニング・マンのお祭りのときは5人でここに泊まったこともあります。(→バーニング・マン – Wikipedia

この車に私の必要なものはすべてそろっています。

地球は私たちに属しているわけではありません。私たちが地球のもとにあるのです。

私はいま自分の時間を借りているのだと考えています。これが私の人生で、ムーブメント。これがスタートで、その延長です。

美しい人生で、私が想像した以上のものです。私はひとつの場所にがんじがらめになりたくありません

自分自身の雰囲気(バイブス)が仲間を引き付けます。ネットワークのもとで成長すること、自分の人生に対して情熱的であること、自ら手本を見せることを大切にしています。

ナイル・ディマルコという人がいます。彼は言葉を話せない人たちのために熱心な活動をしています。もし耳の聞こえない子供がいればぜひ彼のウェブサイトを見てほしいです。(→Nyle DiMarco Foundation

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

耳の聞こえない女性の美しいバンライフ

-バン
-

執筆者:

関連記事

バンで生活する女性

「何が幸せで何がそうでないのか」バンで自然の近くで生活する女性

クリスティーがバンでの生活を始めるきっかけは、ある小島での6週間のテント生活でした。クジラを見るためにその生活をしていたのですが、そこにはクマなどの野生動物がたくさんいました。 最初の3日は毎晩一時間 …

クライミングしながらバン生活する男性

「より幸せで健康になった」クライミングをしながらミニマリスト生活をする男性

ロッククライマーのジュリアンはバンで旅をしたり、ときにオフィスとして利用したりして生活しています。 Exploring Alternatives 中古で比較的良い状態のバンを買うことができました。天井 …

バンでコーヒーの移動販売

小さなバンでコーヒーを移動販売して生活する男性|行動の大切さ

キャンピングトレーラーやバン、キャンピングカーで旅しながら生活したいときに頭を悩ませるのが「どうやって稼ぐか」ということ。今回はバンでコーヒーを移動販売して生活する男性のストーリーです。 エルリック・ …

バンで生活する男性のストーリー

「失敗や計算違いを受け入れることが必要」バンで生活する男性のストーリー

バンでの暮らしのいい点だけでなく、大変な点も触れている点がとても参考になるストーリーです。 アメリカのコロラド州にて車の中で寝泊まりする生活をしているマイケル。もともと車で旅行するのが好きだった彼は、 …

億万長者のバン生活

億万長者の生活からバンでの生活へ移った人のストーリー

お金持ちの生活から、交通事故を転機に生活を変えた方のストーリーです。 「昔の私の写真は笑顔ではありませんでしたが、いまはいつも笑顔」という言葉が印象的です。 マージはブラジル育ちのシリア人。14歳のと …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集