バン

「常に追いかけられているようなストレスがあった」バンで生活する大学1年生の女性

投稿日:2017年5月7日 更新日:

ハンナは海洋生物学を学ぶ大学一年生。いまはバンで生活しながら学校に通っています。賃貸物件で暮らすためにはお金を工面するために働かなければならず、自分のしたいことができません。都市部においてバンで暮らすことについて少し不安がありましたがそこまで厳しい大都会というわけではなかったので大丈夫でした。

この食器棚はかつて母が使っていたもので家を感じることができます。ウェールズの伝統工芸でとても気に入っています。

生活で重要な要素として、水と、調理、そして暖房があります。この家は小さなストーブがあってとても役立っています

トイレは外ですましたり、施設のものを借りています。シャワーはジムのものを借りています。なので週5日クライミングをしにジムに通っています。たぶんこの暮らしをしていなければそこまで熱心に通っていなかったと思います。家が小さいのでよく外に出かけるようになりました。

お気に入りは観葉植物たち。ちょっと世話ができなくて枯れてしまったものもあるけれど多くは元気です。引き出しは整理整頓されたことがありません。またシンクの気に入っているところは蓋をできて簡単に隠すことができるところです。ちょっと困っているのは食器を乾かすスペースがないところです。

バン生活の良いところはめんどくさがりに優しいところです。ベッドの上でお茶を飲みながら必要なものにすぐ手が届きます。

今の生活をするまえは自然科学を勉強しながら働いていました。それは常に追いかけられているようなストレスがありました。今はそう働く必要がありません。この生活は素晴らしいと思っているので変える予定はありません。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→The Indie Projects

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

バンで暮らす大学1年生の女性

-バン
-,

執筆者:

関連記事

バンで生活する男性のストーリー

「失敗や計算違いを受け入れることが必要」バンで生活する男性のストーリー

バンでの暮らしのいい点だけでなく、大変な点も触れている点がとても参考になるストーリーです。 アメリカのコロラド州にて車の中で寝泊まりする生活をしているマイケル。もともと車で旅行するのが好きだった彼は、 …

バンでの生活

アパートからバンでの生活を選んだカップルのストーリー|計画的な暮らし

タイニーハウスで生活する人は、大胆なイメージだけれど、「計画的でしっかりしている」のだと思った動画です。事前に十分な貯蓄をし、ウェディングフォトグラファーの仕事をしながらバンで生活をするふたりの話です …

耳の聞こえない女性の美しいバンライフ

「地球は私たちに属しているわけではない」耳の聞こえない女性のバンライフ

耳の聞こえない女性モニカ。この動画では彼女の人生についてシェアしてくれます。手話通訳はカーリーです。 Dylan Magaster 高校を卒業してからワシントンDCに引っ越して大学へ通いました。聴覚障 …

バンで生活しながらクライミングをする女性

「次の冒険のために貯金」バンで暮らしながら旅とクライミングを楽しむ女性

ごみ収集所のごみ箱をあさるレナエ。賞味期限切れなどを理由に廃棄された食べ物を探しています。「人間には動物的な勘が備わっています。食べて大丈夫かどうかは臭いや見た目など本能的に判断できます」 Dylan …

バンで旅しながら生活する女性フォトグラファー

「全くの初心者でも一か月がんばってみて」バンで生活する女性フォトグラファー

カット・カーニーは車で冒険しながら暮らすフォトグラファーです。 Dylan Magaster 自分が生活できるぎりぎりの小さいサイズの乗り物に乗っています。私とフィアンセのクレイグはサンディエゴで生活 …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集