キャンピングカー

キャンピングカーで生活するカップル|感性のままに生きる

投稿日:2017年1月5日 更新日:

「冒険」という言葉がピッタリのバンで生活するふたりのムービーです。新しい場所に行き新たな経験をする。そんなふたりの生き方が伝わってきます。

ムービーを見ると、とんでもなくキレイな場所に訪れています。世界は広いですね。

下記は動画の要約です。

マルタとアレックスはカナダの西海岸を2年にわたって旅をしていました。お金を節約しながらこういった旅を続けるためにキャンピングカーを購入して住居費の要らない生活を始めました。生活にかかる費用は駐車料金と電力、ガスにかかるわずかな費用のみです。

ふたりがキャンピングカーでの生活を始めたのは冬のカナダ。初日の夜の気温はなんとマイナス25度。暖房機器も凍って動かずどうしようもなく、けっきょく友人の家に泊めてもらうことになってしまいました。苦労するスタートでした。

最初はうまくいかなかったものの知恵を絞って対策を練るふたり。まず外出中でも室温がマイナスにならないように、電気ヒーターをつけておくことにしました。帰宅したらガスでお湯を沸かして温度を上げます。

また、水は貴重です。タンクにためている水は食器を洗ったりするのに使い、シャワーは外の大学に備え付けのものを使わせてもらいました。

電気も大切なので、ソーラーパネルで電力を補いながら暖房や、電話、パソコンを使えるようにしていました。

冬を越した後は自分たちで改造した車でカナダのブリティッシュ・コロンビア州を旅することに。車には、木の屋根、ミニキッチン、コルクの床、収納スペース、快適な就寝スペースを備えつけました。こうして車で旅をしながら、時にバックパック、ハイキング、サイクリング、クライミングなどをして自然の中を散策する生活を始めたのです。

最初はとにかくお金の節約のために始めた車での生活でしたが、しだいに多くの魅力に気づくようになりました。まず、暮らしに本当に必要なものは何かを考え、しだいにミニマリスト的な生活になったのです。モノを持たないようになると、他のものに情熱をそそぐ余裕ができるようになりました。

バンでの旅なら生活に必要な基本的な住環境とともに移動できるので、毎日新しい場所で朝を迎えることができます。驚くほど美しい朝日、夕焼け、自然の生命、純然な自然に感動する日々です。

小さなスペースも悪くありません。だって、お互いにいつも近い距離でいられるのですから。広いアパートで暮らしていたらこうはなっていなかったかもしれない。素晴らしいことだ、とアレックスは語ります。

アレックスとマルタのふたりは旅をしながらブログや動画を投稿しています。冬に暖房がつかなかった経験など、この生活で得た教訓について伝えています。

ふたりの運営するサイト:WANDERLUST
ふたりの旅のフォト:ALEXANDER ROE PHOTOGRAPHY

ALEXANDERROE

ふたりの生活や写真を見ていると、「感性のままに生きる」ことの素晴らしさを感じてしまいます。

下記のムービーは2人の訪れた場所の写真や動画です(たぶん)。ぜひ一度見てみてください。ハンパなくステキです。

バンで暮らすカップル

-キャンピングカー
-,

執筆者:

関連記事

軽キャンピングカー-テントむし

軽キャンピングカー界の人気者「テントむし」|かわいらしい車体と配色が魅力

かわいらしい配色でキャンパー界隈では有名な軽キャンピングカー「テントむし」です。 目次1 テントむしとは2 テントむしの利用写真2.1 かわいい配色のテントむし2.2 芝生の上のテントむし2.3 夜の …

カナダのバン生活

カナダの極寒の地でキャンピングカー生活をするカップル

キャンピングカーでのシンプルライフをする際に気になるのは、車内を快適にできるかどうかということ。 寒い地方や熱帯地方での生活はなかなか想像がつきませんでしたが、この二人はカナダの雪が多く降る寒い場所で …

ミニマリストの生活

キャンピングカーで生活するミニマリストカップル|生きる・働くとは何か

ふたりの生き方をみていると、自分の生き方を振り返りたくなります。「生きるって自由なんだ」と思った動画です。 下記は動画の要約です。 コナーとブリトニーのカップルはキャンピングカーでノマドライフを送って …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集