バス

「不確かなものを恐れないで。行動を起こしてみてください。」バスで生活するカップル

投稿日:2017年3月26日 更新日:

車で生活するピートとテイ。いまの生活を考え出したのは、大学卒業間近で東南アジアを旅していたとき。

よくある9時から5時まで働く生活には抵抗がありました。旅を続けられるような違う生活の仕方を模索して、自立可能な生活をしたいと考えました。

自分たちのための人生を歩みたい。子どももいないし、何かしがらみがあるわけでもない。良い頃合いだと考えました。

現在生活している車はもともとサンディエゴ空港のシャトルバスでした。ドアが格好良くて気に入っています。もともと紫と青で派手だった車体を全面白色に塗り替えました。大変だったけど今この車体を眺めると誇らしく感じます。

車内のインテリアは自分たちの手作り。キッチンは主に外で使っています。車内に食材や調味料を収納。小さく見えても必要十分な食料を保管できるスペースがあります。トイレも小さいものがあります。ソファは背もたれを倒してベッドにできます。

音楽スペースがあってギターやウクレレ、タンバンリン、ハーモニカがあります。「ハーモニカはまだ一回しか演奏したことがないけれど上手に演奏できるようになりたい」と夢を語るテイ。

不確かなものを恐れないで。なにか行動を起こしてみてください。10回失敗しても100回成功するかもしれない。誰もが心配するように私たちだって大きなお金のたくわえがあるわけではありません。

不確かでいつまでこういう生活を続けられるか自分たちにも分かりません。それでも楽しいものです。自分を信じて。怖いかもしれないけれど一歩をふみだすことです。

自分の進みたい方向に向けて何か小さなアクションを起こしてください。

「不確かなものを恐れないで」という言葉が胸に刺さります。生活を変えることはとても難しいことのように思いますが、やってみると意外とできるもの。はじめの一歩が肝心。

ふたりの人生観の伝わる動画でした。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。
バスで生活するカップル

-バス
-,

執筆者:

関連記事

スクールバスを改修して生活する男性

スクールバスを改修して、「家」兼「Airbnb」として暮らす男性のストーリー

ニューヨークでバスで暮らしながらノマド生活をするダニエル。プロダクションアシスタントとして働きながら、彼の兄弟と、それに3人の同居者とバスで暮らしています。 Dylan Magaster 17歳のころ …

カーボンニュートラルを目指して

「二酸化排出量ゼロの暮らし」を目指してバスで生活する大学教授

ジニーンは環境学の大学教授。カーボンニュートラルの実現を志しシャトルバスで暮らすようになりました。犬のルーサもいます。 Dylan Magaster シャトルバスは白く輝いていて素晴らしい見た目です。 …

スクールバスでホステルを経営するカップル

「どんな状況であれ最高に楽しむこと」バスでホステルを経営するカップル

ノマドバスでバスのホステルを経営するカップルです。場所にとらわれない生き方・人生の楽しみ方がとても素敵です。 ベルギー人カップルのティムとヴァルはノマドバスに乗って生活しています。これはバス型のホステ …

バスで暮らすカップル

約70万円で購入したバス。小さなスペースだからこそ築ける親密な関係。

約70万円で購入したバスを改修し、旅をしながら生活するふたりのストーリーです。ふたりの仲の良さが伝わってくる動画です。 カリンの親はドイツ人とイギリス人。アフリカで生まれ育ちました。マークはアフリカの …

スクールバスのタイニーハウス

「可能な限り夢を追うべき」コーヒーショップを開きながらスクールバスで暮らす男性

エリックはコロラド州ボルダーでスクールバスを改装したタイニーハウスに住んでいます。 Dylan Magaster 彼は生活をミニマルなものにしつつ、どこに住むか、何ができるか、自由度の高いオプションを …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集