タイニーハウス

7人の大家族のオフグリッドライフ|シンプルライフの究極形

投稿日:2016年12月27日 更新日:

この家族はなんと7人家族!家はタイニーではないですが、森の中に広い土地を持って暮らしています。「お金の必要でない生活をする」という言葉どおり、自然の力を利用したり、自作したり、工夫することで生活に必要な全てを賄っています。

シンプルライフの究極の形だと感じました。

下記は動画の要約です。

ジェフとローズの夫妻と5人の子どもたちはカナダ、ノーザンブリティッシュコロンビアの自然豊かな土地で手作りのエコライフを送っています。

この家に住む以前にもすでにエコライフに挑戦していて、その素晴らしさがとても気に入っていました。そして自分たちの土地でローンに悩まされることなくシンプルな生活を続けるために、このログハウスに住むことにしたのです。

「お金持ちになるのではなく、お金のあまり必要でない生活をしたかったから」とジェフは語っています。

2011年にノーザンブリティッシュコロンビアの森に囲まれた今の場所に土地を買い、ログハウスを建ててオフグリッドライフを始めたのです。

地面を掘削したり、コンクリートの基礎や汚水処理槽を作る必要がなかったので、家を建てるための費用は25000ドルもしませんでした

家の中で必要な水は全て雨水を利用しています。雨水を貯水タンクに貯めて、シャワーや洗い物はもちろん、フィルターで濾過して飲み水にも使います。シャワーの時にはストーブでお湯を沸かして使います。トイレはコンポストトイレにしています。

電気はソーラーパネルでほとんどまかなっています。最初の頃は家のあかりを点けたり、携帯を充電するくらいのことしかできませんでしたが、増設したあとは冷凍庫や洗濯機を動かしても問題ないほどの電力を供給できています。

ミキサーやブレンダーなど便利な家電を動かすこともできます。天気が悪い日や冬の間に備えて発電機もあるので、電力を買う必要がありません。

他にも広い土地で養蜂をしたり野菜を作ったりして、ほぼ自給自足の生活をしています。タイニーハウスに住んで、お金に縛られた生活から解放されました。光熱費がかからずローンも必要ない生活は、時間の使い方を自由にしてくれました。そしてこの家は自然に囲まれています。

子どもたちは乗馬が好きで、よく馬に乗って出かけています。川で魚を獲ったり山や森を歩き回ったり、自然環境から学べることがたくさんあると夫妻は考えています。子どもたちはホームスクールで勉強していますが、夫妻は勉強ばかりでなく生活の知恵を身に付けてほしいと考えています。

森に囲まれたところに住んでいるので、冬の間は雪かきが欠かせません。家の前の道路を通れるようにするために、8キロもの距離を毎日雪かきしなければならないことが、この生活の中で大変なことです。でも自然の中でお金や時間など色々な忙しさから解放されたこの生活を変えたいとは思いません。

生活のすべてを「より良く生きるため」に費やしている姿にとても憧れます。その姿はシンプルライフの理想の形だと思います。

また、ふたりはこの生活を通じて、子どもたちに生き方を教えているのではないだろうかと思いました。就職するための勉強ではなく、「生活するために必要な知識を身につける」。それが一番学ぶべきことなんだとも考えさせられる動画でした。

7人の大家族のシンプルライフ

-タイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

タイニーハウスの階段03

タイニーハウスの階段とはしご事情|デザインと実用性のバランス

タイニーハウスを作るにあたって重要になるのが「どうロフト空間を使うか」ということだと思います。そしてその肝になるのが「はしご」と「階段」です。 これらをどうするかによって部屋の雰囲気も大きく変わってき …

キットハウス

セルフビルド・ハーフビルドできるキットハウス

タイニーハウスでの生活を考える方の中には「セルフビルド」を考えている方も多いハズ。 すべてを自分で行おうとすると大変ですが、そんなときに頼りになるのがキットハウスを提供する会社です。キットだけお願いす …

持続可能なタイニーハウス

「自由に動き回ることができる」細部までカスタムされたタイニーハウス

Living Big In A Tiny House ライアンの暮らすタイニーハウスはサイズが28.5フィートと少し大きめ。前方部分はV字になっていて風を防ぎます。1kwの大きなソーラーパネルを外に置 …

元消防車のタイニーハウスで暮らすプロスノーボーダー

「小さな行動が大きな変化になる」元消防車のタイニーハウスで暮らすプロスノーボーダー

オースティン・スミスはプロのスノーボーダー。消防車をタイニーハウスに改修してバチェラー山で暮らしています。 Dylan Magaster 個性的すぎるし、注目をひきすぎる。なにもかもがオーバーだけれど …

火の見櫓で生活するふたり

「違った生き方があるのではないか」火の見やぐらで暮らすふたり

火の見櫓(ひのみやぐら)に住む2人のストーリーです。デザイン重視の奇抜な家のように思いますが、歴史や建物について調べ、実際にその土地に滞在してから建てられた家という点に驚きました。 ダブニーとアランは …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集