タイニーハウス

「多くの自由とお金の余裕が生まれた」17,000ドルでタイニーハウスをDIYしたカップル

投稿日:

ノースカロライナ州、アッシュビル。デイビッドとキャサリンのカップルはDIYでタイニーハウスを建てました。この家で暮らし始めて18か月になります。

学費に加えて高い賃貸料を払うのを避けてDIYによるタイニーハウスを建てることを考えました。自由を求めていたこともここに至った理由のひとつです。建築の過程は、教育的だったと振り返るふたり。キャサリンの親が持っていた敷地と道具を借りてこの家を建てました。

家の約80%はリサイクル材を用いています。15分ほどの場所にリサイクル材を取り扱う場所があってそこで多くのものを仕入れました。利用可能な様々な材料を組み合わせてこの家はできました。

素朴な木のキャビンのような内装。サイズは2.5m×6mです。それぞれの欲しいものがつまっています。いちばん高価な設備は暖房。さらに大きなキッチンがあります。キッチンはデイビッドのこだわりです。シンクもリサイクル材でできています。バスタブはキャサリンのたっての希望で設置しました。

バスルームには多くの収納スペースがあるほか、頭上にはゲストロフト兼オフィスがあります。キャサリンはソファの上では仕事ができないので仕事スペースがほしいと思っていました。そこでこのロフトです。本棚もあります。植物が居心地の良さを増してくれます。この場所からは家の中全体を見渡すことができて、キャサリンお気に入りの場所です。

向かい側にあるロフトがベッドルームです。衣服の収納もここにしています。服の数は大学卒業から1/3ほどの量に減りました。

建築費用は17,000ドル。この家のおかげで多くの自由とお金の余裕が生まれました

家を自分たちで建てたことで愛着もひとしおです。よく聞かれるのがここにずっと暮らすのかということです。ここで永遠に暮らすとは考えていませんが、特にプランがあるわけではありません。一年半暮らしてみて素晴らしいと感じています

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

TAKUTAKUではタイニーハウスや小さな暮らしについて紹介しています。
 

タイニーハウスをDIYしたカップル

-タイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

砂漠のなかのコミュニティドーム

「自分が生きる世界を自分で創造している」砂漠にコミュニティスペースを作る女性

リンドセイ・アンデルセンはワンダードームという名のアーティストのためのコミュニティスペースを建設しています。9~12のワーキングスタジオと、3つのより大きなパフォーマンス用の部屋を作る予定です。 Dy …

キットハウス

セルフビルド・ハーフビルドできるキットハウス

タイニーハウスでの生活を考える方の中には「セルフビルド」を考えている方も多いハズ。 すべてを自分で行おうとすると大変ですが、そんなときに頼りになるのがキットハウスを提供する会社です。キットだけお願いす …

浴槽のお風呂03

タイニーハウスのお風呂ってどうなってる?|多様なバスルームを紹介

タイニーな生活をする際に悩むのが「お風呂」の問題。浴槽にお湯をためて入浴する文化のない海外ではシャワーで問題ないですが、日本人だと浴槽にじっくり浸かりたいというのが本音ですよね。 今回はタイニーハウス …

タイニーハウスに住む家族

「大きな家はたくさんのお金とエネルギーが必要」人生の価値を考え続ける家族のストーリー

ニッキーとジュディは定年を迎えるにあたりタイニーハウスで暮らすという選択をしました。175平方フィートの敷地で、より少ないコスト、より働く量を抑えて生活できるようになりました。ジュディはすでに定年を迎 …

火の見櫓で生活するふたり

「違った生き方があるのではないか」火の見やぐらで暮らすふたり

火の見櫓(ひのみやぐら)に住む2人のストーリーです。デザイン重視の奇抜な家のように思いますが、歴史や建物について調べ、実際にその土地に滞在してから建てられた家という点に驚きました。 ダブニーとアランは …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集