タイニーハウス

「価値観に合わせたライフスタイルの選択」子供と一緒にタイニーハウスで暮らす家族

投稿日:

フレッド・シュルツ。妻のシャノン。娘のアリーナ。3人でタイニーハウスに暮らしています

5.4×2.5メートルの敷地。高さは4.3メートルです。デザインに3年。建築などの作業におよそ1年半。総費用はおよそ4万5000オーストラリアドルかかりました。

当初の計画はひとりで暮らすつもりでしたが、シャノンと暮らすことになり、それぞれの必要・希望に応じてデザインを変更することに。建築には当初の予定よりずっと長い時間とコストがかかりました。

あまりタイニーハウスについて知らなかったシャノンは、こういった活動を見て思ったのは「ステキね、がんばってね」といったところで、自分には関係ないことだと考えていました。環境に優しい暮らし方であることを好ましく思っています

広々としたラウンジ。ダイニングテーブルは天井に収納できる仕組みです。クッションをしけばベッドにもなります。小さな朝食用のテーブルもあります。シャノン用のクローゼットもあります。キッチンには暖炉。この上でお湯もわかせます。

私たちの生活は水に関して自給自足ではありません。オフグリッドの生活をする場合多くの人が真剣に検討することですが、生活に必要な水を持続的に集めることは無理だと考えました。この土地に湧水はないのでトラックで買ってきます

食器の置き場はそのまま食器を乾かす場所です。省スペースになります。引き出しの中に冷蔵庫。火はアルコールコンロです。十分調理にたえます。

床下にも収納スペースがあります。あれ、なにかの巣ができていますね。たぶんネズミだ。

トイレはコンポジットトイレがあります。日本式の深いバスタブもあります。

ロフトは寝室です。LED照明があります。目に優しいです。着替えもここにあります。

小さな子供がいるので落ちないように柵をしています。タイニーハウスで小さな子供を育てることは大きな挑戦です。一方で小さな家なので常に子供が見えて、声が聞こえます。

より安心して子育てができていると思います。もし二人目の子どもを授かるとしたらどうしたらよいかも考えています。ベッドのスペースをどう確保するか検討しています。常識外れだとはわかっています。しかし、為せば成るです。

タイニーハウスは全てではありません。共同体なくして本当の家庭を築くことはできません。家はあくまで部分にすぎません。

タイニーハウスを選ぶ理由は複合的です。必ずしも倹約するためだけに選ぶものではありません自分の価値観に合わせたライフスタイルの選択でもあります。

家の建築に関してインスパイアを与えられることを願っています。誰かが自分や家族・友人のために家を建てることに役立ってほしいです。また私自身、人の建築を手伝いたいと思います。単に家を建てるだけでなく、これまでにない生活スタイルを考える良いきっかけになってくれればと願います。

多くの人が愛を感じて欲しいです。デザインや家、生活の中に多くの愛であふれています

インドの言葉で、何か決断をするときはその土地で暮らす7代先の人のことを思え、というものがあります。残念ながら私たちはそれを実現していません。それでもアリーナやその子供は誇りに思ってくれるのではないでしょうか。少なくとも私たちが挑戦した、ということに。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Happen Films

 

オフグリッドタイニーハウス

-タイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

70years-offgrid-tinyhouse

「持続可能なコミュニティを作る」70歳の男性がDIYしたタイニーハウス

今回はブリティッシュコロンビア・グランドフォークスに一人の男性を訪ねます。彼は小さな町で、タイニーハウスによって大きな挑戦を投げかけました。 Living Big In A Tiny House ピー …

オフグリッドハウス

「作り上げた家は年金のようなもの」オフグリッドハウスに住む夫婦の話

家の壁はタイヤやボトル。室内栽培。ソーラーパネル発電。水は雨水。モノに頼らない、オフグリッドの自立した生活を送る夫婦の話です。今までに見たことのないような家でとても驚きました。 コニーとクレイグの夫婦 …

夢のような、ラグジュアリーなテントでの暮らし

こんな空間がテントの中に広がっているとは想像できませんでした。マンションの部屋よりも広く、居心地が良いのではないかと思うほどのスペースと設備が整っています。 テントと聞くとキャンプのイメージが強いです …