タイニーハウス

太平洋を望む、個性的なタイニーハウス。好きな場所でよりシンプルな暮らし。

投稿日:2017年3月29日 更新日:

信じられないような家を見つけました。太平洋を一望できる丘の上のロケーションにある家。

自然と共に生活するシンプルなライフスタイル。自分の好きなことに囲まれて暮らす生活です。

外観も室内もとても特徴のある家です。

太平洋を一望できる場所にある家。土地の購入に37,000ドル(約410万円)、建てるのに1,300ドル(約15万円)の家です。

家の中はとても特徴的。本に囲まれたとてもあたたかい空間。このベッドは上から紐で吊って昇降できるシステムです。

そしてなんとも特徴的なのがこのキッチン。家の隣にある石場を掘って作ったキッチンです。
とても個性的な空間ですね。

この家の魅力は自然の力を最大限に活用したオフグリッドな作りな点。

写真は光を取り込むことのできる透明の屋根です。

水は雨水を利用し、夏場は黒く塗られたシリンダーで、太陽の光を利用して水を温めています。冬は室内でやかんを温めながら室内も温めています。

トイレの水はキッチンなどで出た排水などを活用しています。

家の外にはバーベキュースペースやブランコまであります。たまにゴルフボールを太平洋に向けて打ち込んでいるようです。まさに人生を謳歌していますね。

自分の好きな場所に、自分の好きな家を作る。そして自分の好きなことをする。そんな生活を送る方でした。

自然の力を利用して、楽しみながら生活する姿がとても印象的ですね。豊かな暮らしというのはこういった生活のことなんだと思うようなライフスタイルでした。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。→(パトロン)
太平洋を望む個性的なタイニーハウス

-タイニーハウス

執筆者:

関連記事

夢のような、ラグジュアリーなテントでの暮らし

こんな空間がテントの中に広がっているとは想像できませんでした。マンションの部屋よりも広く、居心地が良いのではないかと思うほどのスペースと設備が整っています。 テントと聞くとキャンプのイメージが強いです …

Apis Cor

3Dプリンタで24時間で建てられた家。費用約115万円。暮らしが変わるかもしれない。

今回は3Dプリンタによって建てられた家をご紹介します。 3Dプリンタで作られたと言うだけで驚きですが、更に驚くべきことは、この家、たった24時間で建てられたのです。 以下は動画の要約です。 従来の3D …

プロスノーボーダーのオフグリッドハウス

「都市部はラットレースのよう」5年かけてオフグリッドハウスを作った元プロスノーボーダー

マイク・バシッチはスノーボーダーのパイオニア。プロのスノーボーダーとして数々の大会でお金と名声を獲得した彼はこれまでと異なるものを探し求めるようになりました。 Stories いま暮らしている家の建設 …

こんな暮らしいかがですか?|TAKUTAKUの提案したい暮らし

「タイニーハウスとは?」でお話したように、TAKUTAKUではタイニーハウスを「人生や暮らしにこだわったからこその選択」だと思っています。 そこで、TAKUTAKUではその「こだわり」が読者により伝わ …

タイニーハウスに住む家族

「大きな家はたくさんのお金とエネルギーが必要」人生の価値を考え続ける家族のストーリー

ニッキーとジュディは定年を迎えるにあたりタイニーハウスで暮らすという選択をしました。175平方フィートの敷地で、より少ないコスト、より働く量を抑えて生活できるようになりました。ジュディはすでに定年を迎 …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集