タイニーハウス

超クールな真っ黒のタイニーハウス。家族で住めるサイズ。

投稿日:2017年3月27日 更新日:

タイニーハウスと聞くと「狭い家」と感じる人も多いかもしれません。しかし、それは大きな誤解!

タイニーハウスは、「狭い」のではなく、「自分の理想のサイズにできる」という点が一番の魅力です。

今回ご紹介するタイニーハウスは、大きなリビングはもちろん、寝室や仕事の部屋もあり、家族で住むのにも十分なサイズですよ。

真っ黒の超クールでモダンなデザイン。縦13m 横3mです。トラックに積んで持ち上げることができるとのこと。

また、地震にも強い構造とのこと。地震の多い日本では耐震性が高いことは必須ですね。

室内はまず、キッチンやテーブル、大きなソファのあるリビング・ダイニングキッチン。

白と黒を中心にデザインされたとてもクールな室内です。

光を取り込む大きな窓もいい感じです。タイニーハウスですが、大きなテレビがあります。

続いてバスルームとトイレ。透明のシャワールームでラグジュアリーな雰囲気です。スペースは大きくはないですが、適度に空間があり、狭いという印象はありません。

洗面台があるのも嬉しいポイントです。

こちらは仕事部屋。コンパクトなサイズで、集中して仕事ができそうです。将来的には子供部屋になるとのことです。

十分すぎるほどの広さの寝室。タイニーハウスでこのサイズの寝室があるのはすごいですね。

外観も内装もとても洗練されていて、憧れるタイニーハウスです。

このように、タイニーハウスは自分の必要なサイズ・理想のサイズにできるのが魅力です。「本当に自分に必要なのは何か」を考え、自分の暮らしを作り上げていきたいですね。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。→(パトロン)
クールな黒のタイニーハウス

-タイニーハウス

執筆者:

関連記事

森の中のキャビン

「自然とのつながりを大事にしたい」人里離れた森の中のキャビンで暮らす男性

ワシントン州オリンピア。人里離れた森の中です。建材を運ぶのも大変で道中には川もあります。ジェイコブはそんな場所に家を建てました。彼はこれまで複数の家を建てていますが、このキャビンが初めて建てた家です。 …

持続可能なタイニーハウス

「自由に動き回ることができる」細部までカスタムされたタイニーハウス

Living Big In A Tiny House ライアンの暮らすタイニーハウスはサイズが28.5フィートと少し大きめ。前方部分はV字になっていて風を防ぎます。1kwの大きなソーラーパネルを外に置 …

タイニーハウスの間取り

1LDKのタイニーハウスの間取り|タイニーハウスを建てたいと思ったら

タイニーハウスを建てたいと思ったらまずはイメージ作り。家族構成や、生活で重要な要素は何か、将来どうするかなど、様々な要素を考えてイメージを固めていきましょう。 今回はイメージ作りの参考になる、間取りに …

夢のような、ラグジュアリーなテントでの暮らし

こんな空間がテントの中に広がっているとは想像できませんでした。マンションの部屋よりも広く、居心地が良いのではないかと思うほどのスペースと設備が整っています。 テントと聞くとキャンプのイメージが強いです …

セルフビルドのタイニーハウス

「家のために働いているのではない」タイニーハウスで旅をしながら暮らす女性

タイニーハウスで暮らすジェナ。4年前当時の仕事をやめ映像制作の学校へ通い、ハリウッドのスタジオで働くことに。しかし、その仕事にも行き詰まりを感じるようになりました。 Dylan Magaster 学資 …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集