タイニーハウス

「作り上げた家は年金のようなもの」オフグリッドハウスに住む夫婦の話

投稿日:2017年3月5日 更新日:

家の壁はタイヤやボトル。室内栽培。ソーラーパネル発電。水は雨水。モノに頼らない、オフグリッドの自立した生活を送る夫婦の話です。今までに見たことのないような家でとても驚きました。

コニーとクレイグの夫婦は、環境的にも経済的にも持続可能な生活を求めてこのアースシップを建てました

コニー「私たちはオフグリッドの生活が気に入っています。モノに頼らず自立した生活ができると実感できてとても気分が良いです」

この家の壁の多くがタイヤでできています。タイヤは無料で手に入ります。みんな傷んだタイヤを処分したがっているのでそれをタダで譲ってもらうのです。1200個のタイヤに一切お金はかかっていません。またボトルの壁は光が差すとまるで宝石のように美しいです。

室内のプランターで様々な植物、野菜を栽培しています。トマト、さつまいも、ニンジン、バナナなどたくさん育てています。これはあくまで補足的なもので外にも菜園があります。できるだけ自給自足できる生活の仕組みを心掛けています。

17の窓が正面にあり、たくさんの光が差し込みます。窓は季節に応じて正しい角度にする必要があります。そうして効率的に光を取り込めます。下の窓は開け閉めして風を取り込めるようにしています。冬に外はマイナス20度になりますが室内は22度くらいです。ここカナダでも暮らせるように、どんな気候環境でもこのアースシップは機能します。

この種の家の建築はこの国では受け入れられています。法的に大きなトラブルはありませんでした。2400平方フィートの敷地で、家の二階だけでも600平方フィートの広さです。

もっと小さくすることもできましたが、全体の機能をうまく作動させるにはこのサイズが必要でした。電力供給に頼らず生活するにはたくさんの窓が必要だからです。

オフグリッドです。電線はありません。ここにあるのは3キロワットのソーラーパネルに4つのバッテリー。900アンペアです。一日に蓄えられる私たちのわずかな消費電力に対して十分な量です。これでお湯を作ることができます。コンポストトイレは一切電力を消費しません。

洗面所やシャワーはバリアフリーの設計にして年をとっても長く住めるようにしています。また、我が家の水はすべて雨水です。

このライフスタイルに慣れ、受け入れる必要があります。例えば好きな時に洗濯はできません。晴れた日でないとエネルギー効率的に無理があります。自分の身の周りに起きていることに合わせて生活することが求められます。

環境にはできるだけ気を配るべきです。地球を救う必要はありません。そんなこと私やあなただけではできません。でもこういった取り組みを人に見せれば私たちの考えに賛同して続いてくれるかもしれません。それは良いことです。

より効率的な生活を求めていました。まもなく迎える定年も意識しなければなりませんでした。そうして作り上げたこの家は私たちにとって年金のようなものです。実際ここは地球上でもっとも優れた家です。

「作り上げたこの家は私たちにとって年金のようなものです。」の一文にとても心打たれました。長い時間をかけて作ったこのオフグリッドハウスは、定年後も生活を支えてくれる財産です。

環境に気を配り、自然と一緒に生きるふたりの生活、とても感銘を受けました。

それにしても、冬に外はマイナス20度で、中は22度ってすごい。そんなことオフグリッドで実現できるんですね。尊敬です。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(Patreon
オフグリッドハウス

-タイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

タイニーハウスを建てた女性

住宅ローンを逃れ、タイニーハウスで豊かな生活を送る女性のストーリー

家を所有していることで仕事に追われる生活から、タイニーハウスでの生活へ移った女性のストーリーです。 タイニーハウスでの生活を始めた理由や今後の暮らしなど女性の話の内容には共感する部分がとても多いです。 …

こんな暮らしいかがですか?|TAKUTAKUの提案したい暮らし

「タイニーハウスとは?」でお話したように、TAKUTAKUではタイニーハウスを「人生や暮らしにこだわったからこその選択」だと思っています。 そこで、TAKUTAKUではその「こだわり」が読者により伝わ …

セルフビルドのタイニーハウス

「家のために働いているのではない」タイニーハウスで旅をしながら暮らす女性

タイニーハウスで暮らすジェナ。4年前当時の仕事をやめ映像制作の学校へ通い、ハリウッドのスタジオで働くことに。しかし、その仕事にも行き詰まりを感じるようになりました。 Dylan Magaster 学資 …

タイニーハウスに暮らす家族

「家族と一緒の時間をたくさん持てる」子供とタイニーハウスに暮らす家族

マイカとジェイナ、そして子どものサイラスの3人家族。バーミンガムから仕事の都合でここサンフランシスコに引っ越してきて以来タイニーハウスで暮らしています。サンフランシスコで賃貸に住むには大変な費用がかか …

タイニーハウスの照明

お洒落すぎ!照明・電球の素敵なタイニーハウス

http://boxman.co.uk/ 寒空の中、暖色系のあたたかい光が漏れるタイニーハウス、、、ツボです。 タイニーハウスに住む人の中には、照明にこだわっている人も多いです。今回はこだわりの照明・ …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集