環境

使用済みの発泡スチロールから「活性炭」を作り、再利用するプロジェクト

投稿日:

アメリカだけでも、毎年900万トンも生産される発泡スチロール。そのほとんどは再利用できずに、ゴミ処理場を占拠しています。

そんな問題に着目し、使用済みの発泡スチロールに熱処理を施して「活性炭」を作り出した若い発明家の話です。

発泡スチロールの再利用

-環境

執筆者:

関連記事

太陽光発電って環境にいいの?

太陽光発電って実際のところどうなの?環境にいいの?【教えてください】

ソーラーパネルによる太陽光発電が実際のところ良いのか悪いのか分からないため、教えてほしいと思っています。 私が思っている、太陽光発電の魅力はふたつあると思っています。1つ目は「自家発電ができる」という …

持続可能なエコドーム

「環境に優しく、大地と繋がったような家を作った」持続可能なエコ型ドーム

リサはカリフォルニアのジョシュアツリーに持続可能なエコ型ドーム「ボニータドーム」を作って暮らしています。 Dylan Magaster 昔子どもと住んでいた海岸とも近く、かつ家の建築材となる泥や砂が豊 …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集